So-net無料ブログ作成

シギチは少なかったな~。 [野鳥]


シギチの春の渡りも、見に行ってますが、今年も低調で居ませんね。
というか、居ないので、あまり行ってないのが本音ですけど。
今回は、河口です。田園にいっても、ほんの僅かしかいませんでした。

●オオソリハシシギは居ましたが、たった1羽だけ。
オオソリハシシギ1905aa35t_e.jpg

オオソリハシシギ1905ac35t_e.jpg

●キアシシギは遠くに居ますが、近くに居たのは少しだけ。
キアシシギ1905al30t.jpg

お魚を捕まえたキアシシギです。
キアシシギ1905bc25t.jpg

※このキアシシギは、鼻溝が長かった。個体差があるのでしょうか?。
キアシシギ1905ai40t.jpg

続きを読む


nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

残念!、見つけられなかった。 [野鳥]


MFの河川敷公園&河原は、この時期人も多いし、たいした野鳥も居ないんです。
治水工事や、昨年の豪雨で川の流れが変って、本流が今までとは違う所を
流れるようになった場所もあって、更に野鳥が少なくなった感じです。

●水が無くなった河原。昨年までは本流が流れてました。(3月撮影)。
川底1903aa57t.jpg

なので、あまり行ってないのですが、たまたま他での探鳥の帰りに寄った所
今まで、聞いたことのない、囀りが聞こえてきました。

こんな囀りです。

ここは、河川敷で海抜10m
です。ウグイスや、オオヨシキリ、ヒバリ等の
囀りも入っています。

結構近くから聞こえますが、頻繁には聞こえず。10分間隔で1フレーズ程度です。
一生懸命探したのですが、何処にいるか全く分かりません。
後で分かりましたが、これでも100mくらい離れているので、見える訳ないです。

正体が知りたくて、声を頼りに囀りの方向に向かいます。最終的には
10mくらいまで近ずけたのですが姿は見えません。ただ木の上で鳴いているのと
声はかなり大きな声であることは分かりました。その時ガサガサと言う音と
共に、大きめの鳥が逃げるのが一瞬見えましたが、正体は分かりませんでした。

しばらくして、少し離れた所から、また聞こえ出したのですが、そちらの方向は
道もなく、草が凄いので、しょうがなく大回りして向かいましたが、着いた時には
鳴いてくれず、姿は見つけられませんでした。(しばらく待っても駄目でした)。
諦めて車まで戻ると、また囀りが聞こえだしましたが、相当歩かされた後で
ヘトヘトなので、諦めました。
次の日にも行ってみましたが、当然のごとく抜けていて居ませんでした。
会いたかったな~  残念!。

★”11、11、11、11、11”とジュウイチを5回言ってから、もう一度
 囀りを聞いてみて下さい。ジュウイチに聞こえましたか。
 そう、カッコウ類の一種、ジュウイチだったのです。ただフィールドで
 聞くと、11に聞こえないんですよね。

カッコウ類4種の内、ジュウイチだけ、まだお会い出来てなくて、
ずっと探していたのですが、こんな場所に居るなんて思いもよりませんでした。

ジュウイチは、カッコウ類の中で一番高い所(当地では標高1200m以上)で
繁殖する夏鳥です。当遠州地方でも北部山岳部で少数が繁殖しているようです。
今回の個体は、渡りの途中で寄った個体ですが、囀るとはチョットびっくりです。

秋の渡りでは、カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、(ジュウイチ)が見られますが、
春にも渡り途中の個体が寄る事、渡りの時期はジュウイチは5月10日頃
という事が分かりました。
ちなみにツツドリは4月終わり頃、囀りを聞きました。ホトトギスは、まだ
到着してないのですが、もうそろそろ囀りが聞こえる時期になります。

また、カッコウ類は識別が難しく、鳴かないと完全には識別出来ないのですが、
ジュウイチだけは、鳴かなくても識別出来るのです。
鳴いてほしい時は鳴かなくて、鳴いた時は姿が見えないなんて、意地悪ですね。
まあ、渡りの個体がいる事が分かっただけでも、大きな収穫ですけど。

●話は変わって、オオヨシキリは今年も入ってきて元気な声で鳴いてます。
オオヨシキリ1905aa30t.jpg

オオヨシキリ1905ag30t.jpg

オオヨシキリ1905ah30t.jpg

あまり綺麗な声では、ありませんが、オオヨシキリの囀り&地鳴きです。


続きを読む


nice!(37)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブラウザが固まる。 [野鳥]


インターネットのブラウザにIE11を使っていたのですが、
最近、動作がやたらと重くなり、ついには固まってしまう事が多くなって
皆さんの所に、なかなか行けなくて、ご迷惑をおかけしています。

設定を色々変えているうちに、パソコンがグチャグチャになって、
一時は、リカバリーでパソコンを初期化しようとしましたが
色々と試しているうちに、なんとか元に戻ったので事なきを得ましたが
遅いのは変わらない。とりあえず、ブラウザを、Microsoft Edgeに
変更しました。IEの開発は終了してるしね。

今のところ、サクサク動いているのでいいのですが、Google Crome 
あたりに変更するかもしれません。
もう20年近くもIEを使っているので、使いかってが変わると
慣れるまで不便なんですよね。
そんな事で、1日無駄にするし、その後は天気が悪くて探鳥にも
行けないし、ストレスが溜まります。

今回は、先週海岸などで撮ったシギチさんです。シギチは少なくて
あまり居ませんでした。田園には全く居ないし、まあ時期的に田園は、
これからでしょうけど。

●居るのはチュウシャクシギばかりで、色々な所で見かけます。
 蟹さんを捕まえたけど、小さいのでリリースしたチュウシャクシギです。
チュウシャクシギ1904ab20t.jpg

チュウシャクシギ1904ac20t.jpg

●畑の水溜まりで休んでいたチュウシャクシギ。お疲れのようで寝てしましました。
チュウシャクシギ1904ba57s.jpg

チュウシャクシギ1904bb57s.jpg

●キョウジョシギも、見かけるようになりました。
 海岸に飛んできたキョウジョシギ。7羽の群れでした。
キョウジョシギ1904ba40s.jpg

キョウジョシギ1904bb57s.jpg

降りたら、保護色でどこにいるか分からなくなります。
キョウジョシギ1904bc57s.jpg

こういう所なら目立つのですが。
キョウジョシギ1904bd35s.jpg

続きを読む


nice!(37)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

海岸と田園 [野鳥]


しばらく、小鳥さんが続いたので、今回は海と田園です。

今年も、コアジサシがやってきました。最初は、海岸近くに入る
のですが、到着して1週間程経っているので、中流域(MF)近くでも
飛んでいるのが、確認できました。

●これは、海岸と河口で撮ったコアジサシです。
コアジサシ1904ad25s.jpg

コアジサシ1904ab50s_e.jpg

背景は、太平洋の荒波です。
コアジサシ1904ba30s.jpg

コアジサシ1904bb25s.jpg

●河口に1羽だけポツンと居たカモメです。オオセグロ1回の退色個体だと
 思ったのですが、それにしては、初列や尾羽の褐色の斑が全くないし、
 嘴も黒い部分が少ないので、シロカモメ1回と判断しました。
 逆光気味で良く分からないのですが、これでも対岸なので、近くには
 行けません。しばらく休んでいたのですが、釣り人が近づいてきたので
 飛んで行ってしまいました。
シロカモメ1w1904aa30s.jpg

シロカモメ1w1904ab30s.jpg

シロカモメ1w1904ac30s.jpg

シロカモメ1w1904ad30s.jpg

●太平洋を航行する、船の後に付いていた群れです。オオミズナギドリだと
 思いますが、遠くて良く分かりません。
オオミズナギドリ1904aa25s_e.jpg

田園も回りましたが、あまり居ませんでした。

続きを読む


nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

賑やかになってきた。 [野鳥]


こちらの桜は、咲くのが遅かったのですが、やっと満開になりました。
と思ったのですが、一昨日の低温、雨、強風で早くも散り始めています。
それでも、まだ満開に近く、もうしばらく楽しめそうです。

ソメイヨシノ1904bb57t.jpg

MFの公園、今年はシメが1羽とビンズイが10羽程度居ただけで
レンジャクも入らなくて、寂しかったのですが、いきなり、イカル、シメの
混群が、50羽くらい入ってきて、賑やかになってきました。

●イカルとシメです。
イカル・シメ1904ba40t.jpg

ただイカルとシメは地上で採餌するので、見えないんですよね。
時々散歩の人が近づくと、飛び立って見えるのですが、木の陰に上手く隠れるので、
これまた見えない。コイカルとか居ないかなと思っても、近づくと飛ばれるし、
全然分かりません。

●イカルです。
イカル1904ae40t.jpg

イカル1904ag40t.jpg

イカル1904ah35t.jpg

●シメは近くに来て、木の実を食べている子も居るので、撮れるのですがね。
シメ1904ab45t.jpg

シメ1904ba57t.jpg

●アオジも、まだ何羽かは残っているようです。
アオジ1904aa40t.jpg

ニュウナイスズメも、まだ20羽程度は滞在してました。

続きを読む


nice!(27)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ツルちゃんが、こない。 [野鳥]


毎年、3月下旬には、渡りのツルシギがやってくるのですが、
今年は、来てくれませんでした。なんかいつも来てくれる子に
会えないと、寂しいですね。これから来るのかもしれないけど
もうチョット疲れました。

最近は、寒暖差も大きく、毎日強風が吹き荒れていて、週前半は、
気温も低くて、真冬の寒さ。一昨日頃から、やっと春らしい
気温に戻りましたが、相変わらず強風が吹いています。

花粉は、毎日、”非常に多い”の予報だし、雨も殆ど降らないので
埃もすごくて、目はショボショボ、鼻水だらだらで、困ってしまいます。


今回は、ツルちゃん探しに、池に行ってきたので、その時の様子を紹介します。

●今シーズン越冬した、アオアシシギは3羽。でも仲が悪いのかバラバラな場所に
 1羽ずついます。偶々近くに来てくれたところです。
アオアシシギ1903ba40t.jpg

アオアシシギ1903bb35t.jpg

●タシギは増えてきて5~6羽居ます。
タシギ1903ba40t.jpg

花がらみなんだけど、なんか似合わないな~。
タシギ1903cb35t.jpg

タシギ1903cc30t.jpg

タシギ1904aa50t.jpg

●コチドリも増えてきて数羽。近くにいた子です。
コチドリ1903bb30t.jpg

コチドリ1904aa40t.jpg

●池では、時々燕が水浴びにきます。
ツバメ1903ba20t_e.jpg

ツバメ1903bb20t_e.jpg

後は、別の場所で撮ったシギチを少し。

続きを読む


nice!(35)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

居ないですね。 [野鳥]


何処に行っても、野鳥が少なくて(鴨は除く)、寂しいですね。
そんな中、MFの公園にニュウナイスズメが入って来ました。
毎年今頃、渡りの途中に寄るのですが、この公園には桜が無いので
(当地の桜はやっと開花した程度で、見頃になるのは4月になって
からだと思います。)桜がらみは撮れません。

●ニュウナイスズメ雄です。
ニュウナイスズメ1903aa25t.jpg

●ニュウナイスズメ雌です。
ニュウナイスズメ1903ab30t.jpg

●ジョウビタキは、まだ居ますけど例年なら3月一杯で居なくなります。
ジョウビタキ1903ca57t.jpg

ジョウビタキ1903da35t.jpg

●ビンズイは、4月中旬頃まで居ると思います。
ビンズイ1903ba50t.jpg

●アオジも4月中旬頃までかな。
アオジ1903ca50t.jpg

●ツグミも4月中旬ですね。
ツグミ1903ab30t.jpg

●タヒバリも、4月中旬かな。
タヒバリ1903ab25t.jpg

タヒバリ1903ae25t.jpg

MFのベニマシコは地鳴きが聞こえなくなったので、旅だったようです。
ただ、別の場所では、まだ声が聞こえるので居る所もあります。

続きを読む


nice!(31)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三寒四温 [野鳥]


しばらく、春らしい暖かい日が続きましたが、週末は、また寒くなって
きましたね。風邪を引きやすい時期なので、気を付けたいですね。

さて、今は冬鳥と夏鳥の入れ替わる時期。寒い年は冬鳥と夏鳥が
重複するのですが、今年は暖冬だったせいか、冬鳥が少なく、
夏鳥が来ない時期となり、野鳥が少なくて、寂しい時期になりました。

とは言っても、居る所には、まだ沢山の子が居てくれます。

●まずは、今年もツバメがやってきてくれました。3月16日に初認しました。
 この時は、まだ数は少なく、写真は撮れなかったのですか、
 今回は数も増えてきたので、撮ってきました。
ツバメ1903aa30t.jpg

ツバメ1903ac30t.jpg

ツバメ1903ad30t.jpg

●アオサギは今が旬。婚姻色で奇麗な時期です。
アオサギ1903aa57t.jpg

●沢山居た、池の鴨さんは少なくなり寂しくなってきました。
o池1903aa57t.jpg

●でも、帰りの遅い鴨さんがいる湖は、まだ沢山の子が残っています。
 此処には、キンクロハジロを中心に1000や2000は、居ると思います。
 ミサゴも居たので、ついでに撮ってきました。
ミサゴ・キンクロ1903aa30t.jpg

ミサゴ・キンクロ1903ab30t.jpg

ミサゴ・キンクロ1903ac30t.jpg

ミサゴ・キンクロ1903ad30t.jpg

これは、ほんの一部で、周りには沢山の鴨さんがいます。

続きを読む


nice!(36)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春なのに [野鳥]


”春なのに 春なのに ため息 またひとつ” の心境です。
鳥さんが居ないので、頑張ってみたのですが、居ないものは居ない。

天気はパットしないし、晴れれば強風が吹き荒れて探鳥もままならない
状態です。頑張って行っても、やはり鳥さんは少ないです。
もうしばらくの辛抱ですかね。

そういえば今日、燕さんが飛んでいました。なんか早いような気が
しますけど。桜の開花も早そうだし、渡りも早いのかもしれません。
(ただ、当地には”越冬つばめ”もいるので、渡りじゃないかも
しれませんが、住宅街でも、らしい姿も見たので渡ってきたと思います)。

今回は、3月上旬の山の公園です。
ルリビタキは、もう帰ったようで見られませんでした。

●カシラダカも今年は少なくて数羽居るだけです。真下から撮ったので
 なんか変な画像になりました。
カシラダカ1903aa57t.jpg

●その中に1羽だけ違う子が居ました。ミヤマホオジロ雌タイプですね。
 雄も数日だけ滞在したようですが、雄は見られませんでした。
ミヤマホオジロ1903aa30t.jpg

ミヤマホオジロ1903ac40t.jpg

●シロハラも探さないといけない程、少ないです。
シロハラ1903ab57t.jpg

●アオジも少なくなったような。
アオジ1903aa40t.jpg

アオジ1903ac57t.jpg

●ツグミは、数羽居ましたね。今までこの公園には殆どいなかったのですが。
ツグミ1903aa50t.jpg

●ビンズイも少なくなったような。
ビンズイ1903aa40t.jpg

続きを読む


nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

行く所が無い。 [野鳥]


もう3月。春ですね。
気温が、上がって春らしくなったのですが、こう鳥さんが少ないと
行く所が無くて、鳥屋さんには厳しい時期になってしまいました。

冬鳥が少なくて、少し高い山にも行ってみたのですが、閑古鳥が
鳴いていて、結局何も撮らずに帰ってきました。
気温が高いとはいえ1000m近い山は寒い。鳥さんが居れば
このくらいの寒さは、関係ないのですが、こう何もいないのでは
余計寒く感じて、早々に撤退しました。
冬鳥は、何処に居るんでしょう。

●という事で前回の続き。以前とは違う公園で見つけたルリビタキです。
ルリビタキ1902bi30t.jpg

この公園は、人が少ないので、人馴れしてなくて、なかなか出てきてくれません。
でもヒタキ類は、好奇心が旺盛なので、こちらの様子を伺いに、たまに
出てきてくれます。
ルリビタキ1902bh30t.jpg

ルリビタキ1902bd30t.jpg

当然足輪は、付いていません。少し若い個体のようです。
ルリビタキ1902bb30t.jpg

ルリビタキ1902ba30t.jpg

ルリビタキ1902bf30t.jpg

ルリビタキ1902be30t.jpg

なんやかんや言って、けっこう遊んでくれました。

続きを読む


nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

猛禽類は、少なくなったような。 [野鳥]


河川敷で、小鳥さんを待っていると、たまに猛禽類が飛んでくる
のですが、以前に比べて少なくなったような気がします。
特にチュウヒが、あまり飛んでこなくなりました。
でも、小鳥さんの警戒心は強いままなので、何処かに隠れて
居るのかもしれません。

●チュウヒです。前回ボケボケしか撮れなかった個体ですが、
 今回は近くまで来てくれました。
チュウヒ1902aa30t.jpg

チュウヒ1902ac30t.jpg

チュウヒ1902ab30t.jpg

公園の片隅から撮っているのですが、この場所は木があって、低い所を
飛ばれると被って撮れないのです。

チュウヒが低い所でホバリングしてました。なにか見つけたのでしょうか。
チュウヒ1902ag25t.jpg

でも直ぐに飛び立ったので、逃げられたようです。
チュウヒ1902ad25t.jpg

チュウヒ1902ak20t.jpg

チュウヒ1902am25t.jpg

チュウヒ1902ah55t.jpg

続きを読む


nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

もうすぐ春。 [野鳥]


立春も過ぎ、暖かい日が続いて、もうすぐ春なんだなと感じる季節に
なって来ました。
ただ、最強寒波がやって来るようで、しばらく寒い日が続きそうです。

鳥さん達はというと、そろそろ繁殖の準備をしているようで
エナガが、巣材を運ぶ姿が見られました。

●エナガです。おちょぼ口に巣材を沢山くわえています。
エナガ1901aa57s.jpg

この子も巣材集めのようで2羽で地上近くまで降りてきました。
エナガ1901ba57t.jpg

●ウグイスも良く見られるようになりました。”ホーホケキョ”の囀りも、
 あと2週間程で聞く事が出来ると思います。
ウグイス1901ba35s.jpg

●ルリビタキは、雌タイプが、良く出てきてくれるようになりました。
 ただ、この子は、尻尾の青が強いのと、脇の黄色の幅が大きいので
 雄1回冬羽だと思います。
ルリビタキ1901de45s.jpg

ルリビタキ1901fd30t.jpg

ルリビタキ1901fe35t.jpg

ルリビタキ1901ff40t.jpg

ルリビタキ1901fh50t.jpg

別の場所でも、雌タイプが見られました。(上の写真とは別個体です)。
ルリビタキ1902aa40t.jpg

ただ、ルリビタキのお帰りは、意外と早く、寂しいですが、後1か月程で
山に、お帰りになると思います。

続きを読む


nice!(30)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

河川敷で。 [野鳥]


しばらく水鳥が続いたので、今回は小鳥さんと猛禽類を紹介します。
山の公園は、暖かいのですが、野鳥が少ない(CMさんは増えましたけど)ので、
早々に諦めて、良く河川敷に寄ってます。
ここは、河口ほど風は強くないのですが、やはり吹きっさらしなので風は強く、
お日様が出てないと寒いです。
お日様が出ていると風が強く、風が弱い日は天気が悪い。
なんか、両方重なる穏やかな日が少ないんです。上手くいきませんね。

●ここには、主のジョウビタキ雌が居ます。行くと顔を出してくれます。
ジョウビタキ1901eb25t.jpg

●最近、ジョウビタキの雄がやってきて、ちょっかいを出すようになり
 いつも、追いかけっこをしています。雌の方が強いですね。
 雄はいつも、雌に追い払われています。
ジョウビタキ1901fa30t.jpg

●ここには、ベニマシコも居るのですが、声ばかりでなかなか出てきてくれません。
 それでも、粘れば出てきてくれる時もあります。最近は雄が出てきてくれます。
ベニマシコ1901ca57t.jpg

ベニマシコ1901ce20t.jpg

よくセイタカアワダチソウの綿みたいなものを、食べてます。
ベニマシコ1901db25t.jpg

ベニマシコ1901da25t.jpg

雌も居ますけど、最近は、あまり顔を出してくれません。
ベニマシコ1901bc30s.jpg

続きを読む


nice!(29)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホオジロさんですか? [野鳥]


急に寒くなって、風も強くなったせいで、体感温度は真冬並み。
チョット前の異常な温かさから、一気に寒くなると、気温以上に
寒く感じます。寒くて、だるくて、もう大変。

鳥見も遠くに行けないので、近場で済ませてます。
今回も河川敷の野鳥です。河川敷にはホオジロさんが、いるんですけど
なんか、ホオジロさんと違う地鳴きが聞こえるので、待っていると、
出てきたのは、この子。

ホオジロさん、かと思いましたがなんか違う。という事で色々調べましたが
結局、よく分かりません。ホオアカさんとも違う感じだし。

●嘴、背中の色など、ホオジロさんの特徴なんですけど、お腹に斑が沢山。
(ホオジロでも、若い個体には斑がある子が居ますけど、これ程沢山の斑が
 ある子は居ないような・・・)。
 アイリングも目立つ(ホオジロは目立たない)し。でもやっぱりホオジロかな。

出てきたのは、1回だけ、その後も探して居るのですが見つかりません。
なので、写真も、この4枚しかありません。
ホオジロSP 1812aa30.jpg

ホオジロSP 1812ab30.jpg

ホオジロSP 1812ac30.jpg

ホオジロSP 1812ad30.jpg

●ホオジロ♀です。普通の子はこうですよね。
ホオジロ1812ca30.jpg

ホオジロ1812ba25.jpg

ホオジロ1812cd30.jpg

ホオジロ1812cf30.jpg

続きを読む


nice!(33)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

猛禽類は多いけど。 [野鳥]


今年の冬は、暖かくてどうなっているんでしょう。
12月というのに、まだ20℃を超えるし、最低気温も15℃とか
例年なら最高気温が15℃なんですけど。

おかげで、ツグミさんも、まだ来ていません。
ベニマシコは数羽いるようですけど。

今日くらいから、一気に気温が下がって強風が吹き荒れそうです。
今年の異常な気候についていけなくて、体調があまり良くありません。
皆さんも、気を付けて下さいね。

さて、今回は河川敷の猛禽類です。小鳥は少ないのに、猛禽類は色々居ます。

●河川敷で眺めていると、川の真ん中にミサゴさんが止まってたりします。
川とミサゴ1811ba50.jpg

飛んでる時もありますけど、漁はどこでしてるんやらです。
ミサゴ1811aa30.jpg

●また、たまにカワアイサが遠くに泳いでいたりします。遠いけど近くに行くと
 逃げるので行きません。
川とカワアイサ1811ba50.jpg

鳥さんが少ないのに、なぜか猛禽類は良く飛んでます。
●オオタカ幼鳥です。
オオタカ幼鳥1811aa25.jpg

遠いので、無理トリしてます。
オオタカ幼鳥1811ab16.jpg

オオタカ幼鳥1811ac20.jpg

オオタカ幼鳥1811ad20.jpg

続きを読む


nice!(37)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

もう12月。 [野鳥]


もう12月。早いもので、後1か月で今年も終わりなんですね。
さて、先月は、山の公園にも、何回か行ったのですが、
野鳥は少ないです。聞こえるのはソウシチョウの囀りだけ
という感じです。まあ綺麗な囀りなんですけど、こんなに多く
なると、在来種が居なくなる気がして心配です。

紅葉は、鳥用の超望遠では綺麗に撮れませんね。
紅葉1811bb57.jpg

紅葉1811ba57.jpg

これは、山茶花です。
山茶花1811aa40.jpg

●ルリビタキも11月中旬くらいに入ったようですが、まだ隠れてばかりで
 なかなか、会えませんでした。一瞬だけ会えた雄です。昨シーズン、
 バンディングされた子で、今年も帰ってきました。
ルリビタキ1811aa30b.jpg

メスタイプも隠れてばかりです。なんとか証拠写真だけ撮れました。
ルリビタキ1811ba25b.jpg

続きを読む


nice!(35)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鴨さんは、色々来てました。 [野鳥]


コウノトリが居た近くの場所には、鴨さんも沢山います。
居た鴨さんを、片っ端から撮ってきました。
ただ、最近は朝晩の寒暖差が大きくて、空気の揺らぎの影響で
遠いと解像しません。普通、水の上は、空気の揺らぎが小さい
のですが、小さな池(というか水溜り)は、全然ダメです。

●まずはヒドリガモ。♂生殖羽です。
ヒドリガモ1811aa45.jpg

●近くに居た、アメリカヒドリ×ヒドリガモの交雑です。
 交雑と判断した理由は、
 1、頭の褐色が強すぎる。
 2、上面に灰色味がある。
 3、嘴基部の黒斑が無い。などです。
まあ、それでもアメリカヒドリの特徴が多い個体です。
アメヒ×ヒドリガモ1811ac40.jpg

アメヒ×ヒドリガモ1811ae35.jpg

●次は、ミコアイサ。雌タイプが3羽居ました。が、遠くてボケボケでした。
ミコアイサ1811aa25.jpg

ミコアイサ1811ab25.jpg

右の子は♂幼羽だと思います。(遠くて良く分かりません)。
ミコアイサ1811ac25.jpg

続きを読む


nice!(40)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

でっかい石ころに、つまづいて顔面からこけてしまった。 [野鳥]


隣市の池に探鳥に行ってきました。この池、昨年改修工事が行われ
周遊道路は舗装され、その道路には車止め(車が入れないように)で
でっかい石ころの椅子のような物が設置されたのです。

そして鳥さんに気をとられ、その石ころに躓いて、こけてしまいました。
重いカメラを守ろうとして、受け身が出来なかった為、舗装道路に
顔面を打ちつけてしまいました。

体の方は、軽症(唇を擦傷。右手人差し指を擦傷と突き指。左手を打撲。)
ですみまして、今は殆ど治り、もう元気です。

で、
放り投げたカメラ、レンズの方も1か月前に取り付けたレンズ保護フィルターの
破損程度で済みまして、今の所問題ないように思います。
ちとピントが合わなくなった気もするけど。

フィルターは、こんな感じで、ガラスが割れ傷が付きました。多分ここから
落ちたと思います。
フィルターの割れ1811ab40.jpg
フィルターの枠が変形して、なかなか取れなかったのですが、なんとか外して
新品を再購入。今は、外観的にも、もう殆ど元通りになりました。

保護用フィルター付けておいて、ほんと良かったです。

まあ、すべて自分のミスですが、何年も前から良く行く所で、歩き慣れた所なので
でっかい石ころが設置されたなんて、殆ど頭にありませんでした。
また、前は、ダートの道で草が生えていたので、転んでも大した事は無かったと
思うのですが、舗装されたので、こけると痛いこと。
私も気を付けますが、皆さんも、気を付けて下さいね。

おしまい。
じゃあなくて、鳥さんも載せないと。

続きを読む


nice!(33)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

立冬? [野鳥]

先週末は、久しぶりに山の公園に行ってきました。
あちこちで、鳴き声(地鳴き)は聞こえるのですが、全く姿を
見せてくれません。来たばかりの子は警戒心が強いですね。

最近は、なんだか季節が1か月程戻った感じで、天気も悪く
鬱陶しい日が続いています。
立冬も過ぎて、暦の上では冬なんですけど、暖かくて
とても冬という、感じではありません。やってきた冬鳥も
戸惑っているのではと思います。

ただ、トンボは、アキアカネに変わりました。以前はウスバキトンボだったのですが。
アキアカネ1811aa45.jpg

●最初に姿を見せてくれたのは、クロジ(雌)でも、尻尾だけ。
クロジ1811aa30.jpg

向きを変えて顔だけ。
クロジ1811ab30.jpg

全身は、被って上手く撮れないし。
クロジ1811ac45.jpg

●アオジも近いけど被ってます。
アオジ1811aa57.jpg
チッ・チッって、あちこちで聞こえるのに、直ぐに隠れてしまって撮れません。

●ジョビ子さんは煩いくらいに鳴いてました。
ジョウビタキ1811ab35.jpg

続きを読む


nice!(38)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋冷の公園 [野鳥]


もう11月。月日が経つのは早いもので、後2か月で今年も、お終いなんですね。
風も強くなって来たし、朝晩は寒くなって、もうすぐ嫌いな冬がやってきます。

さて今回は10月下旬の河川敷公園の野鳥です。

公園を歩くと、今までは渡りの鳥さんが出迎えてくれたのですが
今は、渡りの鳥さんは、少なくなってきました。

●でも、ビンズイさんが来てくれました。数羽、地上で採餌していて
 近づくと、直ぐに逃げます。慣れてくれば逃げなくなりますけど
 来たばかりなので。
ビンズイ1810aa25.jpg

ビンズイ1810ba30.jpg

●良~く探すと、一度抜けたキビタキ(1W)が2羽。また新たに入って来たようです。
キビタキ1810gb40.jpg

キビタキ1810gc57.jpg

●その内、ジョウビタキ(♂)も出てきて。
ジョウビタキ1810ea35.jpg

●公園の外の河川敷には、ジョウビタキ(♀)が居て。
ジョウビタキ1810ac50.jpg

●キビタキが居るのなら、ムシクイさんも居るのでは、と探すと。
 居るから不思議。10月下旬に見たのは初めてかも。メボソムシクイ上種です。
 今シーズン6個体目。
メボソムシクイ上種1810fa30.jpg

続きを読む


nice!(39)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

猛禽類を集めてみました。 [野鳥]


公園で、探鳥をしていると、トビが良く飛んでいるのですが、
時々、違う子も飛んでくるようになりました。

数は少なく、遠くばかりですが、今月見た鷹類を集めてみました。
この時期、寒暖差が大きく午前中は、空気の揺らぎが大きくて
遠くだと、解像しないのですが、気温が安定する午後3時頃に
出てきてくれると揺らぎが小さくて、遠くでも、なんとかなります。

●まずはチュウヒ。遠くを飛んでいたので豆粒ですけど、まあ今シーズン初
 という事で。(チュウヒは漂鳥で、東海地方でも繁殖している為、
 冬鳥ではありませんが、当地は越冬地なので、冬にしか見られません)。
チュウヒ1810aa20.jpg

チュウヒ1810ab20.jpg

●地付きのノスリも増えてきたようで2個体見られました。
ノスリ1810ca30.jpg

ノスリ1810da25.jpg

●ハイタカも渡ってきたようです。
ハイタカ1810aa25.jpg

●ハヤブサ(成鳥)も、たまに飛んでます。
ハヤブサ1810aa25.jpg

ハヤブサ1810ab20.jpg

続きを読む


nice!(38)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

公園の小鳥さん。 [野鳥]


最近は、天気もパットせず、どんよりと曇った日(時々雨も降って)が多く
肌寒い日が続いています。10/16には、最低気温が12.6℃まで下がり、
寒くて、風邪を引きそうです。
ついこないだまで、暑い暑いと言ってましたが、最近は、寒いです。
(今日は、晴れ間もあって暖かくなりましたけど。)
なんか、過ごしやすい秋が来ないうちに冬になりそうです。

さて、今回は前回ムシクイさんを探している時に、チョコチョコと
出てきてくれた公園の、小鳥さんです。

●エゾビタキは、今年は例年より少なかったのですが、それでも
 2個体入ってきてくれました。
 松の木の天辺に止まったいたエゾビタキです。
エゾビタキ1810cc25.jpg

その内、下に降りてきてくれました。(同個体です。)
エゾビタキ1810cd50.jpg

●この子は、別個体ですけど、脚を怪我しているようです。
エゾビタキ1810db35.jpg

右脚が悪いようですけど、元気でした。
エゾビタキ1810dc35.jpg

●コサメビタキも、今年は少なかった感じです。
コサメビタキ1810ba30.jpg

●その代わりというか、キビタキは多かったです。黄色い雄成鳥を
 こんなに多く見たのは初めてです。
キビタキ雄1810ab35.jpg

続きを読む


nice!(31)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋は何処へ。 [野鳥]


10/8(祝)ムシクイさんを探しに近くの公園へ。
青空が広がり、抜けるようないい天気。

ムシクイさんは居ましたが、また遊ばれて歩き疲れてしまいました。
ムシクイさんは、また今度紹介する事にして、今回は別の話です。

平地の上空は、抜けるような青空なのですが、東~北方向の山の方には
雲が広がっています。こんな感じ。これ入道雲。夏の雲ですよね。
ここ数日は、夏に戻ったような感じで30℃超え。こんな雲が出ていると、
秋じゃないですよね。
雲1810aa57b.jpg

でも、この雲が発生しているという事は、上昇気流が発生しているという事、
もしかすると、この上に鷹が渡っているんじゃないかと、見てみると。
居るじゃあ~ありませんか。肉眼では何も見えないのに、見つかるとは。
ビックリ!。

●多分サシバです。40羽くらいの鷹柱でした。蚊のようにしか見えませんが
 何しろ、約5~6km先(画角から、ざっと計算すると)ですから。
鷹柱1810aa35.jpg
どんどん上に上がって行きます。
鷹柱1810ab35.jpg

鷹柱1810ac35.jpg

等倍に拡大しても。豆粒(1280ピクセルで4000mm相当になります。)
鷹柱1810ab12.jpg

と、いう訳で10/8にも沢山の鷹が渡ったようで、弾切れではありませんでした。

あとは、前回、山で鷹見したときに遊んでくれた小鳥さんです。

続きを読む


nice!(38)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋らしくなってきたんだけど。 [野鳥]


今週の3連休は、土曜日は、雨が降りそうで降らない、どんよりとして
たまに小雨が降る肌寒い天気。日、月(祝)は晴れましたが気温が32度。
湿気も多くて、また夏に戻ってしまいました。暑かったです。

渡りの小鳥さんが増えていないかなと思い、公園に行ってみました。
前回は1羽も居なかったのですが、今回は増えてました。
ただ、例年に比べると様子がチョット違います。

そういえば、誰かさんが”コムラサキって綺麗なんでしょうね”って
言っていたので、撮ってきました。ただいい所には止まってくれない
ので、これでご勘弁を。

●当地には、全国でも数少ないコムラサキ(黒色型)、通称クロコムラサキが
 生息しています。普通のコムラサキより奇麗なので、それをご覧下さい。
クロコムラサキ1809aa40.jpg

クロコムラサキ1809abb40.jpg

●小鳥さんと言うと、早くもモズが入って来ましたが。でもモズって小鳥さんを
 いじめるので、入って来ると、あまり良くないんですよね。
モズ1809aa45.jpg

●今年はエゾビタキが特に少なくて、やっと1羽見られました。遠くを無理トリ。
エゾビタキ1809ac20.jpg

近くに来てくれたのですが。
エゾビタキ1809ad25.jpg

続きを読む


nice!(34)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋なのか。梅雨なのか?。 [野鳥]


つい先日まで、ずっと熱帯夜で、夜も25℃を下回らない気候が
続いていたのですが、最近は雨が多く、最高気温が25℃以下で
日中でも22~23℃と、肌寒い日が何日かありました。
天気もパッとしないし。最近お日様を見てないような気がします。

猛暑も辛いけど、いきなり気温が下がると、体調も良くないですね。
夜、寒くて風邪を引きそうです。

鳥さんも、リズムがおかしくなったのか、今年は少ないです。

さて、先週は田園にシギチさんを見に行ったのですが、稲刈りが始まって
何処を探したらいいのやら、あまり会えませんでした。
なんか代り映えしないなあ。

●まずは、ムナグロさん。数羽居ました。
ムナグロ1809aa40.jpg

ムナグロ1809ab40.jpg

●ヒバリシギも居ましたが、すぐに見失いました。
ヒバリシギ1809aa30.jpg

ヒバリシギ1809ab30.jpg

●タカブシギも居ますけど、なかなか見える所にはいなくて。
タカブシギ1809aa40.jpg

タカブシギ1809aab30.jpg

河口は、最近の雨による増水と、釣り人が沢山で、さっぱりでした。

続きを読む


nice!(30)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秋が来ない。 [野鳥]


いつもの年なら、今頃公園に行くと、渡りの小鳥さんが、沢山居て
遊んでくれたのですが、先日の台風後、小鳥さんが全く居なくなりました。
何か所か行ったのですが、何処にもいません。

天気も、パットせず、気温こそ下がったものの、湿気がものすごく
ジメジメ、ベタベタで気持ち悪い天気が続いています。

カラットした秋の空気に、変わらないと小鳥さんも、山から降りてきて
くれないようです。

という訳で、今回は台風前に撮っておいた、小鳥さんです。

●キビタキ(1W)さんが、数羽入っていました。
キビタキ1809ab35.jpg

キビタキ1809ba40.jpg

”こんにちは!”
キビタキ1809bb40.jpg

●コサメビタキも数羽。この子は怒っているみたい。
コサメビタキ1809aa57.jpg

コサメビタキ1809ab40.jpg

●一度抜けたセンダイムシクイは、次の群れが入ってました。
センダイムシクイ1809aa50.jpg

続きを読む


nice!(37)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑いから、ギンヤンマもゆっくり飛んでたりして。 [野鳥]


もう暑くて、暑くて、夏バテが更に進行して、鳥見どころでは無いです。
また台風も来てるし、今年は、どうなってしまうんだろうと、心配になります。

暑いと、トンボも、ゆっくり飛んでたりして、いつも撮れないギンヤンマが
綺麗に撮れたりして、いい事もありますけど。

●ギンヤンマです。
ギンヤンマ1808ab40.jpg

●止まっているように見えますが、飛んでる所です。
ギンヤンマ1808aa20.jpg

さて、今回は、秋の渡りのシギチさん。シギ編でしたね。
秋の渡りは、まだ先発隊が少し来ている程度で、本格的には8月終わり頃になります。

●まずは、キアシシギ。ポツポツと数羽いました。この時期は成鳥が殆どで、
 夏の終わり頃から
 幼羽の個体が多くなります。
キアシシギ1808aa30.jpg

キアシシギ1808ba35.jpg

キアシシギ1808bc30.jpg

続きを読む


nice!(38)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

猛暑の次は、台風。もう許して。 [野鳥]


猛暑が一段落したと思いきや、今度は逆走台風12号。異常気象とは言え
ここまでくると、これからが心配になります。

今回の台風は、今まで経験した事が無い逆走台風。
風雨は、強かったものの、大きな被害は無く、今の所、元気です。
台風の中心は、22時半頃、当地の南50km程を通過しました。

逆走という事で、今までとは違う方向から風が吹くし、進行方向の北側が
最も風が強くなるという事で、かなり心配でした。

20時頃(台風中心まで150kmくらい)までは、風雨も弱く台風が来ている
ような感じでは無かったです。この時、風は北風です。その後、台風が近づくに
つれて風向きが、北東~東に変り、急激に風雨が強くなり、22時頃からは
猛烈な風20m/s(瞬間では30m/s)が吹きました。ちょっと怖いくらいでした。

そういえば、ここは北~北東側には南アルプスや富士山など高い山があり
そちらからの風は、山に遮られて弱いんですね。東側には高い山もなく
風向きが変わり、東風になると、急激に風が強くなるんです。

台風中心が、通りすぎて、しばらく暴風が吹き荒れましたが、午前0時頃には
風も少しずつ弱まり、午前1時過ぎにやっと寝られる状態になりました。
それでも、何事もなくて良かったです。

台風の状況は、おしまいです。


それでは、先週撮った鳥さんを少し。鷺さんばっかですけど。
●まずはアマサギです。畑を耕してるトラクターの周りに10羽ほどいました。
アマサギ1807aa57.jpg

もうトラクターのすぐ近くで危ないくらいでした。
アマサギ1807ab57.jpg

アマサギ1807ac50.jpg

アマサギ1807ad57.jpg
※いつも思うのですが、鷺(他の鳥も傾向はあります)は、車を恐れないですね。
 車なら、5mくらい横を通っても逃げません。これが人だと50mくらい離れていても
 逃げるんです。車は敵とは認識してないけど、人間は敵と認識しているようです。
 

続きを読む


nice!(37)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

もう、夏バテ。毎日危険で何処にも行けない。 [野鳥]


いや~今年の夏は、暑いですね。熱中症指数は、毎日危険になっていて、
鳥を見に行くのも、億劫になっています。行っても居ない時期だしね。
遠州地方の、気温は毎日33℃程度なんですが、今年は湿度が高いです。
チョット調べたのですが、例年より湿度が10%程高くて、70%程度あります。
この湿度10%の差が、体感温度では4℃も高くなるんです。
京都とか、岐阜などでは38~40℃まで上がって、凄いことになっているんですが
実は、湿度が低いので、体感温度的には、こちらとそれ程、差がないんです。

暑さ指数(WBGT)は、こちらで公表されています。
http://www.wbgt.env.go.jp/
ここで見ると、当地は毎日、危険になっています。

※注:体感温度(ヒートインデックス)と暑さ指数は同じものではありません。

外にいると、モワ~として、確かに危険です。1~2時間程度なら探鳥も
出来ますが、探鳥してる時より、後が大変なので、チョット控えてます。

今回は、鳥さんと昆虫さんを少し。こう暑いと鳥さんも、涼しい高い山に
行ってしまったようで、全然いませんね。

●まずは、ねむの木に止まったクロアゲハです。
クロアゲハ・ねむの木1807aa35.jpg

●昔は、近所にもタマムシが居たのですが、最近は少なくなりました。
 やっと1枚だけ撮れた、タマムシです。
タマムシ1807aa30.jpg

●河口では、遠くにウミネコが十数羽いました。
ウミネコ1807aa35.jpg

●アオサギさんは、元気で、はしゃいでましたね。
アオサギ1807ab40.jpg

●なぜか、最近よく見るイソヒヨドリです。
イソヒヨドリ1807aa45.jpg

●カワセミも久しぶりに見ました。
カワセミ1807ab25.jpg

●イソシギも、しばらく見てなかったな。
イソシギ1807ab25.jpg

続きを読む


nice!(41)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

晴れないと暗くて [野鳥]


梅雨入りして、天気が悪い日が多いですね。ただ、雨はあまり降ってないんです。
台風が通過しても、小雨程度の雨でした。まあ被害が出るほどの雨じゃあ困りますけどね。
ただ、曇りでも、薄暗い里山は真っ暗で、鳥さんは見つけられないし写真も撮れない
状況なので、困ります。海や川は鳥さんが少なくて、ほんと困った季節です。
暑くなるのは困るけど、パット晴れて欲しい今日この頃です。

今回は、それでもなんとか撮った里山の鳥さんです。

●オオルリです。今年はあんまり遊んでくれません。囀りばかり聞いてます。
オオルリ1806cd40.jpg

オオルリ1806ea40.jpg

オオルリ1806eb50.jpg

オオルリ1806ed40.jpg

オオルリ1806eg35.jpg

続きを読む


nice!(42)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー