So-net無料ブログ作成

今年も会えました。 [タマシギ]


この時期になると、いつも見に行く田園(割と近く)、今年も、タマシギ夫婦が
見られました。

●タマシギ雌です。
タマシギ1905aa30t.jpg

タマシギ1905ac25t.jpg

●タマシギ雄です。
タマシギ1905ab30t.jpg

雌が、先に走り出すと、その後を雄が追いかけます。雌は堂々としているの
ですが、雄は身を屈めて隠れなら、追いかけます。
タマシギ1905ad45t.jpg

でも雌は優しくて、時々立ち止まって、雄が来るのを待ってくれます。
タマシギ1905af30t.jpg

後は夫婦仲良く、羽繕いをしていました。
タマシギ1905ag30t.jpg

タマシギ1905ah25t.jpg

タマシギは、一妻多夫と言われていますが、仲のいい姿を見ると、
一夫一妻では、と思えます。


この辺りの田園には、タマシギの他にもケリやサギも沢山います。
田んぼのあぜ道を見ると、殆どの田んぼに緑の草が沢山あります。
タマシギ1905ai57t.jpg

●帰り道、自宅近くの田んぼにムナグロが居ました。
ムナグロ1905ba30t.jpg

ここからは、シギチエリアの田んぼです。
2時間程、探し回ったのですが、1羽にシギチも見られず、最後にやっと少し
見られました。
●いつもは数十羽は居るムナグロも2羽だけ。
ムナグロ1905ac35t.jpg

●キアシシギが3羽。
キアシシギ1905ba30t_e.jpg

●チュウシャクシギも3羽。
チュウシャクシギ1905bb35t.jpg

チュウシャクシギ1905ba40t.jpg

チュウシャクシギ1905be30t.jpg

●サギも殆ど居ません。アマサギは1羽だけ居ました。
アマサギ1905aa45t.jpg

あぜ道に注目してください。草が変色しているか、草が殆どない事が分かると
思います。除草剤が大量に使われているようです。除草剤は人や野鳥への影響は
ありませんが、水生生物には多大な影響があります。
野鳥の餌になる水生生物や昆虫(幼虫時代は水生生物)が殆どいなくなって
しまったのだと思います。ここでは、燕も殆ど見られなくなりました。
近隣の川の魚も、少なくなっているようです。
生態系は、大きなダメージを受けているように思われます。
ここは、野鳥観察地として書籍にも掲載されている場所ですが、
今は、その面影もありません。

農業関係者の高齢化で、作業も大変だと思いますが、なんとか生態系の保護に
目を向けて頂けるよう、お願いしたいと思います。

おしまい。


nice!(35)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 35

コメント 10

Y

タマシギ綺麗ですね。
私も来週近場のポイントに様子見に行こうかと思っています。
by Y (2019-05-25 08:30) 

えれあ

タマシギは魅力的なお顔をしていますね。
メスの方が派手な珍しいタイプですね。

by えれあ (2019-05-25 15:35) 

queso

タマシギは綺麗な鳥ですよね。眼が他のシギより大きく見えますが
縁取り模様がそう見せるのでしょうかね。
雛が無事誕生し、皆無事に成鳥になって欲しいです。
アマサギは嘴が婚姻色に染まっているのでしょうか。^^

by queso (2019-05-25 15:52) 

takapy77

Y さん、今晩は。
タマシギは、この時期、毎年ほぼ同じ場所に来て綺麗な姿を
見せてくれます。
タマシギは潜行性が高いので、見つけられない事も多い
ですから、見つけられるといいですね。

by takapy77 (2019-05-26 19:18) 

takapy77

えれあ さん、今晩は。
タマシギのメスは、近年は毎年見られるのですが、いつ見ても
面白い顔をしてますね。一妻多夫の野鳥は、みんな雌の方が
派手なようですが、厳密にいうと一妻多夫ではないようです。
一妻多夫でもあり、多夫一妻でもある、多夫多妻のようです。

by takapy77 (2019-05-26 19:24) 

takapy77

queso さん、今晩は。
タマシギは綺麗な鳥ですね。目は縁取りの関係もあるようですが
やっぱり大きいですね。これから雄だけで営巣、抱卵、子育てを
行うと思いますが、無事育って欲しいですね。
この辺りは、農家さんも大切にしてくれるので大丈夫だと思います。
アマサギは、目の辺りに婚姻色が出てますね。

by takapy77 (2019-05-26 19:32) 

ramblin

 其方のタマシギは割とスッキリしたロケーションに
現れてくれていて見易いですね。
 此方でタマシギを本格的に見られるのは8月頃に
なります。そして何時もゴチャゴチャの中です。
 農家の方にとっての利便性と生態系の維持との
バランスを取ることについては行政の後押しが
有った上でと言う図式が成立しなければ難しい
のだと思います。

by ramblin (2019-05-26 20:50) 

takapy77

ramblin さん、今晩は。
タマシギは繁殖期間が3月下旬~9月と長く、1回の繁殖は、
2か月弱で終了するため、年に数回繁殖するようですね。
今頃だと、まだ田んぼの稲も育ってないため見易いです。
これから、稲が育つと見つけにくくなります。
此方でも稲が育つ時期には見つけにくいのですが、稲刈りが
始まる頃に、また見られることがあります。
其方のタマシギも、今頃でも繁殖しているのだと思いますが
恐らく違う場所で繁殖しているのだと思います。

仰る通り、行政の後押しがないと難しいですね。
ただ行政の考え方が、行政区によってかなりの差があり、
此処の地は、色々な面で生態系の保護(自然保護)に力を
入れているように感じます。
一方、私の住んでる所は、自然保護なんて全く考えてなくて、
自然破壊ばかりやっているように感じています。
今は、サンコウチョウやアカショウビンの繁殖地をぶっ壊そうと
しています。

by takapy77 (2019-05-27 19:47) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

タマシギの雌は目元パッチリですね。信貴山たち結構美人ばかり!
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2019-05-31 23:19) 

takapy77

暁烏 英さん、今晩は。
そうですね。タマシギの雌は目元パッチリです。
シギさんは、夏羽になると雌の気を(タマシギは逆で雄の気を)
引くため、奇麗になりますね。冬羽は地味なんですよ。

by takapy77 (2019-06-01 20:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。