So-net無料ブログ作成
検索選択

羽衣について [サンコウチョウ]

サンコウチョウの齢による羽衣の違いが、BIRDER誌に解説されていると
大先生からお聞きして、さっそくBIRDER誌7月号を購入して勉強しました。
サンコウチョウの雄には3タイプの羽衣が存在する事は知っていました。
1、尾が長く体の色が黒っぽい(黒紫色)個体。”黒長雄”。
2、尾が短く体の色が黒っぽい(黒紫色)個体。”黒短雄”。
3、尾が短く体の色が茶色で雌に近い個体。”茶短雄”。
”茶短雄”は、前年生まれの第1回夏羽で、歳が経つにつれて”黒長雄”又は
”黒短雄”になるそうです。なるほど!。

当地にはサンコウチョウが多く生息していますが、殆どが”黒長雄”で
”黒短雄”は、見た覚えがあまりないです。(尾が短めの個体はいましたが)。

●サンコウチョウ”黒長雄”タイプです。
サンコウチョウ1706cc30.jpg

サンコウチョウ1706ia50.jpg

そんな事言っても、そんな簡単に他の羽衣の個体が見られる訳は無い。
なんて思いながら、里山に行ってみました。
この日は、最高気温34.7℃。里山は渓流沿いで直射日光があたらないので、30℃くらい
なんですが、湿度は高くてムシムシ状態。でも3時間ほど粘りましたよ。
サンコウチョウは、時々遠くを通過するくらいで殆ど囀りません。気分が悪くなり、
もう限界、諦めて帰ろうとした時、こんな囀りが聞こえました。

サンコウチョウや、オオルリは囀りに個性があって、場合によっては個体識別ができます。
サンコウチョウは、特に”ホイホイ”の速さに個性があって、ゆっくり”ホイホイ”や
早い”ホイホイ”があります。今回のサンコウチョウは、ここで初めて聞く囀りです。
でも何回ホイホイ言うんだ。最初の”ホイホイ”は普通ですが、後の方は異常なほど
高速”ホイホイ”。なので、これが普通のサンコウチョウの囀りと思わないで下さいね。

しばらくして、近くにやってきてくれました。

●これ雄第1回夏羽 ”茶短雄”ですよね。
アイリングが大きくて色も鮮やか。体の色は暗茶色(雌より少し暗め)。尾は短い。
サンコウチョウ1707ai35.jpg

サンコウチョウ1707an35.jpg

サンコウチョウ1707ah57.jpg

●ちなみに、これは雌です。
サンコウチョウ雌1706gb40.jpg


続きを読む


今年は、だめだな。 [野鳥]

天気が、パットしませんね。雨が降るなら、もっとザット降ってくれれば
いいのに。降りそうで降らないし、鳥見に行こうにも鳥が見易い午前中は
天気が悪くて、午後から明るくなるなんて事が多くて駄目ですね。
昨日も、雨のはずだったのに、午後からいい天気(暑くて蒸し蒸し)。
これから、もっと暑くなるようだし、辛抱の時期です。
ということで、今回も在庫中心です。本来、ボツにする画像も、拾い上げ
たりしてます。

●今年、遊んでくれるのはサンちゃんとオオルリ君ばかり、後はさっぱり。
オオルリ君は、いい感じで出てきてくれます。
オオルリ1706ha40.jpg

オオルリ1706hb45.jpg

●クロツグミは、駄目画像しか撮れません。まあ毎年そうですけど。雄です。
クロツグミ1706aa.jpg

クロツグミ1706ab35.jpg

雌です。
クロツグミ1706bb45.jpg

●イカルが時々、囀ってますけど、上手く撮れません。
イカル1706ba30.jpg

続きを読む


近すぎた [サンコウチョウ]

鳥枯れや梅雨で、鳥さんが撮れないので、チョット前の在庫です。

雨が降らなくて、渓流の水も涸れ気味だった時、水が残っている所で
待っていれば、水浴びにやってくるだろうと待っていると。突然
サンちゃんが飛んできて、近くに止まりました。近すぎて、こちらも
慌てましたが、サンちゃんも慌てたようでした。

●サンコウチョウ雄です。距離は6~7mだと思います。ノートリ換算900mmです。
近すぎて尾まで入りません。もうちょっと遠い方がいいですね。
サンコウチョウ1706fb57.JPG

サンコウチョウ1706fc57.JPG

換算675mmで撮った所で、飛んで行ってしまいました。これでも尾が全て入らなかった。
サンコウチョウ1706fa57.JPG

●サンコウチョウ雌です。雄と場所は違いますが、これも水浴びに来た所です。
サンコウチョウ雌1706da40.jpg

これは、ちょっと遠目。餌を探しているようです。
サンコウチョウ雌1706ga35.jpg

●オオルリは、子育て中のようですね。
オオルリ1706ed50.jpg
背景が明るい所では、露出を+側にして撮るのですが、これだけ近いと中央重点測光では
サンコウチョウの体(暗い)に合わせた測光になってしまう為、露出が明るくなりすぎました。
露出を替えて3枚撮っていたので、なんとかなりましたが、露出も難しいですね。

おしまい。

居たんだけど [イワツバメ]

やっと梅雨らしい天気になりましたね。でも野鳥ブログとしては、鳥枯れと雨が重なって
苦しい時期になります。

まずは、河原にある、ねむの木です。花が咲いてました。
ねむの木1706aa57.jpg

●昨年イワツバメが居た所、里山の帰りに、今年も何回か寄ってみたのですが、姿が見えず。
駄目かと思っていましたが、居ましたよ。沢山飛んでました。でも止まってくれないので
撮るには厳しい状態。私には、こんな画像しか撮れません。
イワツバメ1706ab16.jpg

イワツバメ1706aa30.jpg

イワツバメ1706ac16.jpg

イワツバメ1706ad20.jpg

イワツバメ1706bc30.jpg

●その帰り、以前橋の近くでチョウゲンボウを見たので、待っていると、チョットだけ
来てくれました。今の時期、天気も悪いし、空気の揺らぎで駄目ですね。
チョウゲンボウ1706bc25.jpg

チョウゲンボウ1706ba30.jpg

続きを読む


梅雨と言えば [コアジサシ]

もう6月も下旬なんですね。今年は梅雨入りしたのに、雨が殆ど降らなかったのですが
今日は、危ないくらいの土砂降りの雨(一部地域で避難勧告が出ています)。
天候の変化が、極端すぎますね。これも温暖化の影響なんでしょうか。

という言う事で、梅雨と言えば紫陽花。アジサイでは鳥ネタにならないので、
アジサシを撮ってきました。

●まず此の写真を見て下さい。MFの大きな川です。川の中に木があります。
これ、流木じゃないんです。川に中に木が生えてるのです。
T川1706aa40.JPG
実は、昨年までは、木の向こうまで陸地だったのですが、川の浸食によって
岸が削られて、こうなってしまったのです。木の手前に道があったのですが、
その道も無くなってしまい、今年は、この先に行く事が出来なくなってしまいました。
でも、最近行ってみると、新しい道がありました。誰かが作ってくれたみたいです。
良かったのですが、今日の雨による増水で、また行けませんね。あ~あ・・・・。

●という訳で、今年はコアジサシが見れないと思っていましたが、見られるように
なったので、先日見てきました。(この近くにコロニー(繁殖地)があるんです)。
コアジサシ1706bc20.jpg

コアジサシ1706ab35.jpg

コアジサシ1706bb35.jpg

●飛び込みを撮ろうとしましたが、水しぶきしか写らなくて駄目でした。
コアジサシ1706ba35.jpg

コアジサシ1706aa25.jpg
その内、出来ればリベンジしたいと思うのですが・・・。

●コロニー上空にツバメが侵入したので、コアジサシがスクランブルをかけたと
思ったのですが、逆でツバメが、コアジサシを追いかけてました。
コアジサシ・ツバメ1706aa35.jpg

続きを読む