So-net無料ブログ作成
検索選択

花見 [野鳥]

渡りの鳥を待っている間、暇なので、花を撮ってみました。鳥用のレンズしか持っていかないので、こんな感じしか撮れません。鳥さんもあります。

桜は満開になりましたが、風が強くて散ってしまいそうです。(場所は全て同じ公園(準MF)ですが、全て同じ日に撮った物ではありません。)

●桜(ソメイヨシノ)。

桜1704fa.jpg

桜1704ac.jpg

桜1704ad.jpg

桜1704cb.jpg

桜1704ca.jpg

●メジロさんも花見です。

メジロ1704ab.jpg

続きを読む


春なんだけど、寒かったり。 [野鳥]

春ですね。日差しがあれば、日中は暖かいです。河川敷にはスイセンが咲いていました。

スイセン1703aa.jpg

●蝶も飛び初めました。モンキチョウです。

モンキチョウ1703aa.jpg

●ルリシジミです。

ルリシジミ1703aa.jpg

って飛んでないけど。蝶の飛翔なんて撮れません。

さて、長年の夜型人間の生活が染みついて早起きが苦手な私。でも最近は早起きしてるんです。でも成果は、あまり上がらないんですよね(次回あたり紹介します)。晴れて風が無い日を狙って天気予報と、にらめっこ。でもこれが当たらないんですね。晴れで風が無いと思って薄着で行くと、お日様なんて出ないし、風は強い(海の近くなので)、朝なので寒い寒い。まだ冬ですよ。

桜も開花しそうもないし。風邪ひきそうです。

てな訳で、今回は海と池と川と色々寄せ集めです。

●海(港)で近くに居た、カンムリカイツブリ、夏羽になって来ました。ただ近すぎて上手く切り出せない。

カンムリカイツブリ1703aa.jpg

カンムリカイツブリ1703ab.jpg

ハジロカイツブリの夏羽の子も遠くに居たのですが、近くに来るのを待っていたら、いつの間にか消えていました。残念。

●イソヒヨドリの雌です。この子も近すぎて200mm(換算300mm)で、ノートリです。

イソヒヨドリ1703aa.jpg

続きを読む


池と川 [野鳥]

池にも、たまには行きますが、鴨の数は減って来ました。渡りのシギも入って無いようです。

●コチドリが近くに居ました。(当地では越冬しているので渡りなのか良く分かりません。)

コチドリ1703aa.jpg

コチドリ1703ac.jpg

コチドリ1703ab.jpg

●セイタカシギも越冬個体だと思います。

セイタカシギ1703aa.jpg

●タシギも越冬組ですね。

セイタカシギ・タシギ1703aa.jpg

タシギ1703ba.jpg

続きを読む


山の公園は、相変わらずです。 [野鳥]

山の公園は、冬鳥が減って来て、その代わり留鳥が賑やかになって来ました。

●まず、出迎えてくれたのがこの子、ニホンリスです。久しぶりに見ましたが可愛いですね。最近は外来種タイワンリスによって生息域を減らしているようです。

ニホンリス1703aa.jpg

●久しぶりにアオゲラを見ました。目の前に現れたので至近距離から、ノートリです。

アオゲラ1703aa.jpg

アオゲラの嘴は、突かれたら痛そうですね。

アオゲラ1703ab.jpg

●アオジのカップルです。今シーズンのアオジは慣れません。

アオジ1703aa.jpg

アオジ雌です。

アオジ1703ab.jpg

●シロハラは、まだ沢山います。

シロハラ1703ab.jpg

続きを読む


ド派手。 [野鳥]

春が、足踏みをしていて、なかなか来ないですね。今週は、又冬に戻ってしまいました。こちらは毎日ひどい風。ただ風が弱まる自宅付近の住宅密集地では、日差しがあれば暖かいです。しかし探鳥地では歩くのも大変な、突風が吹き荒れています。(平均風速10m/sほど、瞬間では20m/sほどの風が吹いてます)。これじゃあ鳥さんも出て来ません。

●それでは、ド派手な、アオサギです。婚姻色で嘴~目元がオレンジ、赤、青の原色。こんなに鮮やかな色合いのアオサギを見たのは初めてです。婚姻色の期間は1~2週間。今が見頃です。

アオサギ婚姻色1703aa.jpg

風に耐えて、こんな格好をしています。

アオサギ婚姻色1703ab.jpg

●カワウも繁殖羽です。

カワウ1703ba.jpg

●タゲリは、まだ居ますよ。

タゲリ1703aa.jpg

●河原にはタヒバリ。

タヒバリ1703aa.jpg

●公園に、いつもたった1羽だけ居るシメです。

シメ1703ba.jpg

続きを読む


ドジなノスリ。 [野鳥]

飽きもせず、又MFの川の、ど真ん中(両岸から500m)で探鳥しました。前回は天気が悪かったので、天気のいい日にしたのですが、野鳥の出は悪かったです。

●いつものチュウヒ若。チュウヒは、この個体1羽だけしか居なくなったようです。

チュウヒ1703da.jpg

なにか、気にしているようです。

チュウヒ1703db.jpg

●目線の先には、オオタカ若が居たのです。

オオタカ1703aa.jpg

●チュウヒがオオタカに追われています。

オオタカ・チュウヒ1703aa.jpg

●バトルが始まるかと思ったのですが、あっさり終わって何事もなかったようにオオタカは飛び去ります。

オオタカ1703ac.jpg

オオタカ1703ad.jpg

オオタカ1703ae.jpg

●チュウヒも何事も無かったように、草原の上空を飛んでました。

チュウヒ1703dc.jpg

チュウヒ1703dd.jpg

●ノスリも最近は、この個体しか見なくなりました。それでは、ドジなノスリさんです。

こんな細い木に止まろうとしていました。細すぎじゃないですか。

ノスリ1703ca.jpg

続きを読む


川の、ど真ん中で探鳥。 [野鳥]

MFの川の、ど真ん中(両岸から500m)で探鳥しました。前から目を付けていたのですが行けなかった所です。ただ、あいにく天気が悪く、曇天(天気がいいと風が強くて、風が弱いと天気が悪いんです)なので、綺麗に撮れません。冬鳥も、少しづつ帰っているようで、チュウヒは1個体だけになってしまいました。

●まずは、騒いでいたイカルチドリです。何羽居たか分かりませんでしたが、沢山居るようでした。

イカルチドリ1703aa.jpg

イカルチドリ1703ab.jpg

イカルチドリ1703ac.jpg

イカルチドリ1703ad.jpg

●次はタシギが、飛んできてました。

タシギ1703aa.jpg

●遠くにクサシギが2羽。100mくらいまでは近付いて来るのですが、そこから引き返して行きます。

クサシギ1703aa.jpg

続きを読む


鳥の出が悪いです。 [野鳥]

山の公園ですが、鳥の出が悪くて、あまり居ませんね。シロハラとビンズイだけは、沢山います。今年は雪が多いなんて言ってたけど、実際は少なくて暖冬のようですね。

●この前は、アカウソが雌ばかりでしたが、今回は雄2羽見られました。

アカウソ1702ba.jpg

アカウソ1702bb.jpg

アカウソ1702bc.jpg

●コジュケイは、たまに見るのですが撮れなくて。やっと撮れましたが、ゴチャゴチャの暗い所。

コジュケイ1702aa.jpg

●ルリビタキの雄に会えませんでした。もう山に帰ったのでしょうか。雌タイプは、見られました。

ルリビタキ1702ha.jpg

●この子を、眉斑があるのでマミチャジナイと言っている人がいますが、シロハラ雌1回冬羽では、不明瞭な眉斑があるのと黄色いアイリングがあるので。シロハラ雌1回か幼羽でしょう。もうずいぶん前から居ます。

シロハラ1701ca.jpg

●シロハラは沢山居ます。入浴中だから見ないでよ。なんて言ってるのかな。

シロハラ1702ea.jpg

続きを読む


色々。 [野鳥]

確定申告とか、体調が悪いとか色々あって、あまり鳥見に行けてないんですよね。ということでMFの河川敷とかで撮った野鳥さん、色々です。

●河川敷に行くと、猛禽類が居ますが(最近少なくなったような)、鳴き声が聞こえ、探すとこの子が居ます。ベニマシコ雄です。大分赤くなってきたような感じです。

ベニマシコ1702ba.jpg

ベニマシコ1702bb.jpg

ベニマシコのおちり。

ベニマシコ1702bc.jpg

雌も居ます。

ベニマシコ1702ca.jpg

●いつも3羽で採餌しているカシラダカです。おちりを上げて。

カシラダカ1702ba.jpg

見ちゃ~いや~ん!。

カシラダカ1702bb.jpg

続きを読む


寒くなると、野鳥が増えるんです。 [野鳥]

寒くなったり、暖かくなったりして、少しづつ春が近付いているんですね。今回は、ちょっと前、寒くなった時の山の公園です。

●アカウソがやって来ました。雌ばかり3羽。来るかもと思って、桜の木の下で待っていると、フィーフィーの声、ほんとにやって来ました。(尾羽の軸斑の白色部分が広いので、亜種アカウソとしましたが、ほんとの所は、分かりません。又、一回冬羽の雄は雌と同じ色合いで、頬がうっすらピンク色ということで、奥の個体は雄かもしれません。)

アカウソ1702aa.jpg

アカウソ1702ad.jpg

アカウソ1702ab.jpg

●マヒワも戻ってきました。なんか近いのに、小さいな~と思って調べると、体長12.5cm。メジロと同じくらいなんですね。

マヒワ1702aa.jpg

マヒワ1702ba.jpg

マヒワ1702bb.jpg

●この子と同じくらいなんです。メジロ。

メジロ1702ba.jpg

続きを読む


ちょっとマンネリ化。山の公園。 [野鳥]

寒くなったり、暖かくなったり、今年はどうなっているんでしょう。冬鳥が増えた山の公園は、また逆戻り。鳥もCMさんも、居なくなりました。風が強すぎて川や海は行けないし、此処で頑張るしかないか。ということで、先月撮った在庫も含めてです。

山の公園では、いつも上の方の駐車場に車を止めるのですが、前にも書きましたが、此処にはジョウビタキ雄とシロハラが居ます。

●この子です。ジョウビタキ雄。

ジョウビタキ1701ga.jpg

ある日、探鳥で歩き回って、疲れて車に戻るとジョビ君が飛んできた。と思ったら、違う子だった。

●ルリビタキ雄(2回冬羽かな)。ジョビ君と同じ所に止まってますね。

ルリビタキ1701eb.jpg

こんな事って良くあるんです。此処では、トラツグミ、ウソ、マヒワなんかも見た事があります。なんか歩き回っているより、待ってた方がいいみたい。でも本来の目的はウォーキングだし、上の駐車場に止めるのも、アップダウンが、いい運動になるという理由から、だから歩きますよ。

公園の下の方は、鳥が少なくなってしまいました。アトリ群やマヒワ群も何処かに行ってしまいました。

●ルリ君1号は元気です。

ルリビタキ1701fb.jpg

ルリビタキ1701da.jpg

ルリビタキ1701db.jpg

ルリビタキ1701fa.jpg

続きを読む


ほんとは、赤い子が沢山居た。 [野鳥]

河川敷に行くと、いつも聞こえるヒッヒッフォーの声。でも、いつも、なかなか出て来ません。出て来ても、茶色のお嬢さんばかり。赤い男の子が居るはずなんだけどな~(1度見た事があるので)。

近くに来てくれるのは、いつもこの子。ジョビ男君。

●ジョウビタキ雄。

ジョウビタキ1701fa.jpg

ジョウビタキ1701ha.jpg

ある日、いつもの通り、ヒッヒッフォーの声。で、やっぱり出て来たのは、お嬢さん。

●ベニマシコ雌。

ベニマシコ1701ba.jpg

ところが、この日は違ってた。赤い子が出て来てくれました。

●ベニマシコ雄。

ベニマシコ1701bb.jpg

1羽だと思っていると2羽居た。

ベニマシコ1701bc.jpg

それが、3羽だった。赤い子が3羽も居たなんて、知らなかった。

ベニマシコ1701bd.jpg

ベニマシコ1701be.jpg

続きを読む


賑やかになって来ました。 [野鳥]

山の公園も、賑やかになって来ました。ただ何箇所かで工事をしているので、鳥さんが居ない所もあります。

山の公園、前回を含め、3日分です。1日で撮った訳では、ありませんよ。運が良ければ1日で撮れますが、そうは上手くいきません。

●アトリに続き、マヒワが入って来ました。10羽以上の群れですけど、高い所でちょこまか動くので上手く撮れません。

マヒワ1701ae.jpg

マヒワ1701ac.jpg

マヒワ1701ab.jpg

マヒワ1701ad.jpg

●近くに、シメも居ました。

シメ1701ba.jpg

続きを読む


雪が降ってる。 [野鳥]

寒いですね。これを書いている土曜日は、日中でも気温が2~3℃しかありません。今も雪が降っていて少し積もっています。当地では2年に1度くらいしか雪は積もりません。明日(日曜日)の朝は、もっと積もってるかも。

雪が積もると、道路に車が沢山転がっているので、危なくて出られませんね。家でぬくぬくしてるかな。そんな訳で、探鳥にも行けないです。

今回は、年始に撮った河川敷の野鳥達です。

●まずはチュウヒ(若)です。

チュウヒ1701aa.jpg

チュウヒ1701ab.jpg

●個体は違いますが、同じくチュウヒ(若)です。曇っていると綺麗に撮れません。近いんだけどな~。

チュウヒ1701ba.jpg

チュウヒ1701bb.jpg

●チョウゲンボウです。これは300m以上離れています。等倍で切り出しましたが、空気の揺らぎが少ないと等倍でも、見られる画像になります。

チョウゲンボウ1701aa.jpg

続きを読む


寒いから在庫です。 [野鳥]

年が明けたのですが、まだ前々回の海に行った時の昨年の在庫が、残っているので紹介します。ウミスズメが見たくて2回行っているんですけど。1回目は外洋を、あまり見られなかったので、外洋を主に行ってみたのですが、結局見られませんでした。この日は風が強くて寒かった。寒くて感覚が無くなりました。

●外洋には、色んな鳥が飛んでました。まずは、ウミアイサ(手前)とオオハムorシロエリオオハム(奥)です。

ウミアイサ・オオハム1612aa.jpg

●ウミアイサ雌。

ウミアイサ1612ba.jpg

ウミアイサ1612bb.jpg

●ウミアイサ雄。

ウミアイサ1612bc.jpg

●オオハム。

オオハム1612ea.jpg

●カンムリカイツブリ。

カンムリカイツブリ1612cb.jpg

続きを読む


今年を振り返って [野鳥]

今年最後の更新です。

それでは、今年一年を振り返って、

●最も思い出に残ったのは、やはり”ピーたん”との出会いです。名前は知っていましたが、まず会う事は無理だと思っていた鳥さん。MFで繁殖しているなんて夢にも思いませんでした。

見つけるまで、かなり苦労しましたが、見付けた時の感動は、今でも忘れません。(人からもらった情報で見られた鳥は、いくら珍鳥でも、会えた時の感動が少ないし、あの行列の中に入って撮っても、人と同じ画像になってしまうので、なんか、楽しく無いです(私の悪い性格です))。

Pitta n'1607.jpg

●次は赤い子ですね。昨年は一生懸命探して、やっと数枚撮れただけでしたが、今年はじっくり観察する事が出来ました。この子を撮っている時も、ドキドキしましたね~。

アカショウビン1606c1.jpg

●次はこの子。我が県の県鳥です。ひょんな事から、巣を見付けてしまい、以降この子は登場させる事が出来なくなってしまいました。雛が育つまで観察(隠れて)させて頂きましたが、来年も、またお会いしたいです。

サンコウチョウ1606ie.jpg

●それから、今年は異常なほど多かったカッコウ類。識別に苦労しました(いまだに分かりませんけど)。苦労させられましたが、今では、いい思い出です。

カッコウ類1610jh.jpg

●それから、飛び物が苦手だったので、毛嫌いしていた鷹の渡り。今年は見られました。飛び物も上達したと思います。来年はもっと上手く撮りたいですね。

ハチクマ1610ab2.jpg

続きを読む


タグ:ルリビタキ
nice!(32) 

凄い数 [野鳥]

先日、コウノトリが来た池に行って来ました。池を見た瞬間、何だこれは、池全面に鴨鴨鴨。いつの間に、こんなに増えたんだ。

此処は、銃使用禁止地区です。禁止だと、こんなに沢山の鴨が、やってくるんですね。ちなみにMFの川には、オオバンくらいしか居ません。此処には猛禽類も来ますが、猛禽類より、銃声の方が怖いようです。

こんなに多いと探す気が無くなってしまいますけど、運が良かったみたいです。

●o池です(東側の一部です)。

o池1612aa.jpg

●上の写真の右側です。

o池1612ab.jpg

更に右側にも、無数の鴨が居ます。一体何羽くらい居るんでしょうか?。もう少し望遠で撮ると、

o池1612ac.jpg

こんな感じ。殆どオナガガモでコガモ、マガモ、ヒドリガモなどが居ます。よーく探すと、

●越冬中のセイタカシギやアオアシシギが見えます。(ダイサギとコサギも居ます)。

オオダイサギ・コサギ・セイタカシギ・アオアシシギ1612aa.jpg

●近くのオナガガモを撮ると、綺麗に撮れます。

オナガガモ1612ab.jpg

続きを読む


寒くなってきましたね。 [野鳥]

寒くなって来ましたね。本格的に冬がやって来たようです。当地は、風が強い地域なので、風が強い日に、海や湖、川に行くと、半端無い寒さです。気温は10℃でも、風が無いと暖かく感じますが、風が強いと、凄く寒くて、長時間外には居られません。こういう時は、風が弱まる山の公園が一番です。

紅葉は、もう終わりですけど。紅葉とエナガです。

エナガ1612aa.jpg

エナガ1612ab.jpg

エナガ1612ac.jpg

●次は山茶花とメジロ。

メジロ1612ba.jpg

●ついでに、ピンカラサ?を食べて、まずそうな顔をしたメジロ。

メジロ1612ca.jpg

続きを読む


猛禽類です。 [野鳥]

なかなか会えない、猛禽類を探しているんですが、会えませんね。まあ、河川敷には鉄砲隊がいて、行けないのでしょうがないのですが。探している間に会った猛禽類達です。

ハヤブサ成鳥。真上を通過していったので綺麗に撮れました。

ハヤブサ1612aa.jpg

ハヤブサ1612ab.jpg

●ノスリは、カラスに良く攻撃されています。

ノスリ1612aa.jpg

続きを読む


今シーズンも来てくれて、一安心 [野鳥]

山の公園は、CMさんが沢山居る割りには、鳥さんが少なくて、1時間歩いて一回もシャッターを押さない、なんて事も。2時間探してやっと見付けた!。

そんな訳で、山茶花が綺麗に咲きました。

椿1611ba.jpg

と、違いましたね。見付けたのはルリビタキでした。今年も来てくれました。被ってしまいましたが、綺麗に撮るのは次と言う事で。来てくれてホットしました。^^

●ルリビタキ雄

ルリビタキ1611aa.jpg

●ルリビタキ雌かなと思いましたが、雄1Wとみました。どうかな?。

ルリビタキ1611ab.jpg

続きを読む


危なくて行けなくなっちゃいました。 [野鳥]

今年も、狩猟解禁になりました(11月15日~2月15日)。これから3か月間、河川敷へ、うかつに入って行けなくなりました。いつ鉄砲の弾が飛んでくるか分からないし、猟犬が居たり、銃声のような音も聞こえるし。

害を与える鳥獣が居るわけでもないので、禁猟区にならないものですかね。

鳥さんも知っているようで、この辺りは、流れの無い池のような所でも、鴨は、ほとんど見かけません。

狩猟1611aa.jpg

今回は、狩猟期間前に撮った、河川敷の野鳥です。

●ヒッヒッフォの声が聞こえるようになりました。声は聞こえても、なかなか出て来てくれません。ベニマシコ雌。雄は、まだ見て無いです。

ベニマシコ1611ba.jpg

ベニマシコ1611aa.jpg

続きを読む


紅葉 [野鳥]

一時期寒くなったのですが、また暖かくなって、冬鳥はさっぱりです。山の公園に行っても野鳥は、あまり見られません。暇なので紅葉も撮ってみたのですが、鳥用レンズじゃ上手く撮れませんね。

●モミジバフウって言うんでしょうか。

モミジバフウ1611aa.jpg

●池の周りは、こんな感じで紅葉は見頃です(携帯のカメラで撮りました)。

山の公園1611aa.jpg

続きを読む


MFの河原です。 [野鳥]

MFには、大きな川があります。川幅は河口から25km上流まで、ずっと1kmくらい。河川敷の所々に、公園やグラウンドがあります。しかし、殆どは、林や草むらで、これが、両岸に数百mの幅で延々と続きます。河原は、水が少ない時は入って行けますが、増水すると水の底になるので、泥だらけになり、気を付けないとハマります。車で行くと危険です。こういう環境なので、野鳥は沢山いますし、探鳥する場所は山ほどあります。

今回は、こんな所で探鳥です。(目の前が、川の本流です。)

河原1611aa.jpg

この写真の中の木に、ハヤブサが止まっているのですが、分かりませんね。

●この子かどうかは分かりません。ハヤブサ幼鳥。

ハヤブサj1611aa.jpg

ハヤブサj1611ab.jpg

また長くなっちゃいました。


飛びものを少し [野鳥]

鷹の渡りは、終わりましたが、冬鳥の猛禽類が、少しずつ増えて来ました。今回は、飛びものを紹介します。今、コンティニュアスAF+ダイナミックAFを試しているのですが、まだよく分かりません。

●ミサゴと新東名(さて何処に居るでしょう)。

ミサゴ・新東名1610aa.jpg

続きを読む


久しぶりだね [野鳥]

今年も、ジョビ君がやって来ました。異常気象でも、時期が来ればやってくるんですね。久しぶりだね待ってたよ!。

●ジョウビタキ雄

ジョウビタキ1610aa.jpg

ジョウビタキ1610ab.jpg

でも、今年は此処を縄張りにしている、モズに追い払われて何処かに行ってしまいました。

●モズ

モズ1610ba.jpg

モズは、気が強く、縄張りに侵入してくるものであれば、何でも追い払おうとしまう。これは、私を威嚇しているようです。

モズ1610aa.jpg

今回も写真が多いです。


天気が良くても・・・(鷹の渡り) [野鳥]

先週ですけど、台風一過で、天気が回復したのですが、腰が痛くて遠くに行けない。しょうがないので近場の見晴らしのいい所に行ってみました。

鷹は、ある程度飛びましたが、高い所ばかり、天気もカラッと晴れ上がったのは、朝だけで、雲が多い一日になりました。ただ靄は少なくて、見通しは良かったです。遠いので豆粒のようにしか見えません。試しに鳥までの距離を計算してみました(暇ですね)。撮っている場所は、標高約200mです。

●サシバ(等倍トリミングでも、こんな感じにしか写りません)。

サシバ、距離850m。ほぼ真上なので、鳥は高度1000mくらいを飛んでいます。

サシバ1610bc(距離850m).jpg

サシバ、距離630m。

サシバ1610be(距離630m).jpg

●サシバ、距離550m。

サシバ1610bf(距離550m).jpg

●もう少し近かったサシバ。でも遠いし。雲も多いと言う事で今一でした。

サシバ1610ba.jpg

背景は、空ではなく、山です。

サシバ1610bb.jpg

サシバ1610bg.jpg

サシバj1610bh.jpg

●ハチクマも飛んでました。距離440m。

ハチクマ1610aa(距離440m).jpg

もう少し、雲が無い所を低く飛んでくれればいいのにな~。せめて順光側の100mくらい。

ハチクマ1610ab.jpg

●ハチクマのそばには、アマツバメが沢山飛んでいました。これは肉眼では見えません。

ハチクマ・アマツバメ1610ac.jpg

●チゴハヤブサ(だと思う)も、飛んだけど気が付くのが遅くて残念でした。

チゴハヤブサ1610ba.jpg

●地付きのノスリも増えて来ました。

ノスリ1610aa.jpg

ノスリ1610ac.jpg

ノスリ1610ba.jpg

縄張り争い?

ノスリ1610ab.jpg

おまけの蝶。モンキチョウ。

モンキチョウ1610aa.jpg

今年は、いい場所が無いか、場所探しも兼ねて何箇所か行きましたが、結局地元では、渡るルートがバラケてしまう為、何処に行っても一緒。見晴らしのいい所なら標高200mと低くても、ある程度見られます。 要は鷹が飛び易い日を(タカの渡り全国ネットワークを参考に)予測出来るかが大事です。ただ、風や天気がいいと、沢山飛びますが、高い所を飛んで行くので、少し向かい風の方が近くを飛んで綺麗に撮れるかもしれません。もう今年は、終わっちゃいましたけどね。

おしまい。


天気が悪いと綺麗に撮れません(鷹の渡り) [野鳥]

実は、今まで鷹の渡りは、あまり見に行って無かったんですね。そこで、今年こそは撮ろうと思っていたんです。ところが、天気が悪くて、なかなか行けないんです。

鷹が渡る条件として上昇気流が深く関係しています。太平洋側では、南~南東の風が吹くと、山の斜面に風が当たり、上昇気流が発生し、鷹が渡りやすくなります。でも南~南東の風が吹く時って、天気が崩れ易く、今年は曇や雨ばかり。スカッと晴れた日は、西風が強く、鷹はあまり渡りませんね。

見に行った日は暗い曇天の上、靄がかかって視界が悪く、撮影条件は最悪。鷹は渡ってくれたのですが、証拠写真程度ばかり。スカッと晴れた日に撮りたいな~。

●サシバ(20羽強のミニ鷹柱が見られました)。

現地に着いてしばらくしてミニ鷹柱が立ちました。その一部です。

サシバ1609c.jpg

全体像です。

サシバ1609d.jpg

上昇気流に乗って、円を描きながら上昇していきます。その後、雲の中に消えました。

その後5~6羽の群れ(下の写真は群れの一部です)を見た後、雨が降って来て撤退しました。

サシバ1609a.jpg

これもサシバだと思いますが。

サシバ1609b.jpg

●日曜日、更に靄がひどくて数km先は真っ白で見えない。こんな画像しか撮れません。これはチゴハヤブサ(幼鳥)かな?

チゴハヤブサj?1610aa.jpg

チゴハヤブサj?1610ac.jpg

チゴハヤブサj?1610ad.jpg

●ツミだと思いますけど。

ツミ1610aa.jpg

ツミ1610ab.jpg

後は、渡りではありませんが、

●アオバトが飛んで行きました。

アオバト1610aa.jpg

●カケスも(バックは地上で空ではありません)。

カケス1610aa.jpg

●アサギマダラも、ひらひらと飛んで行きました。

アサギマダラ1610aa.jpg

白黒写真ばかり。これじゃあ、消化不良です。スカッと晴れてくれないかな(南東の風の時)。

9月30日、静岡県東部では、凄い数の鷹が渡ったようですが、こちら県西部では天気が悪く、あまり渡らなかったようです。ところが昨日(10月4日)、台風で西風が強い予想でしたが、当地では風が弱く、多くの鷹が渡ったようです。晴れ間があって視界が良かったのにね~。あちゃ~です^^;

台風が近付いています。被害が無ければいいのですが。

おしまい。


天気が悪いと綺麗に撮れません(池) [野鳥]

まあ、パットしない秋ですね。少しは、晴れている時もあるんですが、晴れている時は鳥さんが居ない。で、天気が悪くなると鳥さんが、出てくるなんて悪循環が続いています。

今回は、隣市の池です。同じ所で撮ってるのに、他の人と撮ってるものが違う(同じのもありますけど)。他の人と同じ絵を撮るのが好きじゃないという、変な性格なもので、すみません。

●毎年やってくるクロハラアジサシです。多い時には20羽程居たようです。

クロハラアジサシ1609ba.jpg

クロハラアジサシ1609bc.jpg

クロハラアジサシ1609bb.jpg

なんか、下に止まっているギンヤンマが気になるようです。

クロハラアジサシ1609bd.jpg

飛翔は、綺麗に撮れません。

クロハラアジサシ1609be.jpg

●池なのにケリも来ます。アオアシシギとケリとコサギです。

ケリ・アオアシシギ・コサギ1609aa.jpg

ケリは、うるさくてパットしない鳥なんですが飛ぶと綺麗なんです。

ケリ1609aa.jpg

ケリ1609ab.jpg

●葦原にバンの親子が居ました。親子と言っても、子供は親と同じくらいの大きさになっています。こんなに大きくなっても親離れしないんですね。(ゴチャゴチャで見難いです)。

バン親子1609aa.jpg

●よーく見ると、矢印の所にヒクイナが隠れています。

バン親子1609ab.jpg

●オオヨシキリが、まだ居ました。初夏の頃は、一日中煩く鳴いているので、すぐに分かりますが、鳴かないと、全く分かりませんね。この時期に見たのは初めてです。

オオヨシキリ1609ab.jpg

オオヨシキリ1609aa.jpg

最近、ツキが無いんです。ピーたんに会って今年のツキを全て使い果たしたようです。バンパーを壊した時から始まって、パンクして、カメラが壊れて(ここまでは、以前書きましたね)。この後、草に隠れた側溝にタイヤがハマって、JAFさんの、お世話になるし。河原に行けば、長い間の増水で、道が崩落して無くなってるし、おまけに、ぬかるんだ所にハマって動けなくなり、1時間くらい悪戦苦闘の末、やっと脱出。泥だらけになりました。また見晴らしのいい山に行こうとしたら、工事で通行止めで目的地に行けなかったりと、もう散々です。しばらく普通の道を、走らないと。^^;

おしまい。

 


河口、田園、池、河川敷 [野鳥]

私が探鳥するコースは、まず川の河口の干潟でシギチ探し、その後、田園でシギチを探して、池に寄って、帰りに大きな川の河川敷に寄って(此処に寄る目的は、休憩なんですけど野鳥もいるので寄ります)おしまいです。およそ80kmの工程です。

●まず、河口のシギチは、全く居ませんでした。

●田園のシギチは、タカブとタシギを、ちらっと見ただけ。イソシギは撮りました。やっぱりイソシギは小さいですね。ハクセキレイより小さかった。

イソシギ・ハクセキレイ1609aa.jpg

サギは、沢山居ます。こんな感じで(殆どアマサギ、チュウサギとチュウダイサギが少し)。両側をいっぺんに撮れなかったので2枚を繋げています。

車の前に、こんな感じで居るので、通っていいのか迷ってしまいます。道に糞が落ちているので、これでも道を開けてくれたみたいです。

シラサギ1609aa.jpg

●池には、アオアシシギとセイタカシギが居ますが前回紹介したんで、この1枚だけ。セイタカシギとコサギとチュウダイサギの背いくらべです。

セイタカシギ・コサギ・チュウダイサギ1609ba.jpg

池には、その他も居たのですが、別の日なので、それは次回にします。

ここまでで、殆どの探鳥は終了。成果が無いですね。

で、帰る途中に寄る、自宅近くの河川敷。

●まず出て来てくれたのはコサメビタキ(この子は前から居ます)。

コサメビタキ1609fa.jpg

コサメビタキ1609fc.jpg

●次に出て来たのはキビタキ。

キビタキ1609da.jpg

キビタキ1609db.jpg

キビタキ1609ea.jpg

●そしてオオルリ雄(若)まで、出て来てくれました。

オオルリj1609da.jpg

上空を見るとトビが飛んでますが、トビの近くに何か飛んでる。アマツバメでした。かなり高い所を飛んでいます。

アマツバメ1609ac.jpg

アマツバメ1609ad.jpg

そして、その下を飛んでいるのがコシアカツバメ。

コシアカツバメ1609aa.jpg

一番下には、ツバメが飛んでます(写真はありません)。

●此処には、コムラサキも居ます。綺麗な個体だったので撮りました。

コムラサキ1609ba.jpg

休憩のはずが、此処の方が沢山の野鳥が居ました。休憩になりませんね。

※キビタキの性別ですが、この時期見られるキビタキは、殆どが幼鳥か1回冬羽です。幼鳥や1回冬羽の個体は、雄雌、殆ど同じ容姿で、私には、性別の識別が出来ません。したがって性別は記載出来ないんです。もう少し勉強して、記載できるようにしたいと思います。

おしまい。


天気予報って何。 [野鳥]

雨、雨、雨ばかりで嫌になっちゃいます。以前に、ちょっとくらい雨が降って欲しいなんて書いたら、今度は雨ばかり。神様すみません、もう雨はいいですから、お日様に、会わせて下さい。

昨日(土曜日)も、ちょっと前まで晴マークが並んでいたんですけどね。それが曇りに変わり、結局、一日中雨。なんてこった。雨マークだと雨が降らないんですけどね。 

と言う事で、先週の在庫です。そういえば、今年シーズンは、チュウシャクシギやキョウジョシギを見てないな。という事で見に行って来ました。本当は、違う子が居ないか期待もしていたんですが、やっぱり同じ子しかいませんでした。

●チュウシャクシギ(此処に行けば、まあ会えますけど3羽だけでした)。

チュウシャクシギ1609ag.jpg

近付くと、すぐ飛ばれます。でも、いつも湖上をぐるっと回って、また湖岸に降ります。その場所を確認し隠れて近付きます。なので最初は、わざと飛ばせます。(こんな事、本当はしない方がいいのですが、保護色で見づらくて見付けるのが大変なんです)。

チュウシャクシギ1609af.jpg

チュウシャクシギ1609aa.jpg

チュウシャクシギ1609ac.jpg

こんなに、近くを飛んで、ぶつからないのでしょうかね。

チュウシャクシギ1609ai.jpg

●キョウジョシギ(幼鳥)。この子は警戒心ゼロで、こっちに、向かって近付いて来ます。真下に来ると背中しか撮れないので、こちらが後ずさり。こんな事、滅多にないですけど。

キョウジョシギ1609aa.jpg

キョウジョシギ1609ac.jpg

キョウジョシギ1609ad.jpg

●キアシシギ(幼鳥)。キアシも少なくなって2羽しか居ませんでした。この子たちも逃げません。

キアシシギ1609aa.jpg

●干潟には居るだろうと行きましたが、なんにも見えません。肉眼では見え無いのですがシロチドリが居ました。

シロチドリ1609aa.jpg

等倍でトリミング。推定距離130mでシロチと識別出来るんで解像度は良くなったかな。ちなみに天気は曇りです。

ガッカリして、この後、ノビタキを見に行きました。(前回紹介した子です)。

おまけのアキアカネです。

アキアカネ1609aa.jpg

おしまい。