So-net無料ブログ作成
検索選択

寒くなったり、暑くなったり [ジョウビタキ]

チョット前、寒くなったので、冬鳥が期待できるかな~なんて思っていたのですが、また夏に戻ってしまい暑いこと。で、また寒くなって来た。これじゃあ、冬鳥も困ってしまいますね。今回は冬夏留、混在の小鳥さんです。

まず冬鳥です。

●ジョウビタキ

この子は近所の子。毎年は来てくれませんが、今年は来てくれました。たまに窓から見える所に来る事もあります。(ちょっと暗かったので、画像は荒れてます)長旅後やっと到着し、万歳をしているように見えます。

ジョウビタキ1610ba.jpg

こちらは、河川敷のジョビ男君。(別個体2羽)。

ジョウビタキ1610ca.jpg

ジョウビタキ1610da.jpg

●ジョビ子さんの方が、人懐っこくて、すぐ近くに来てくれます。5mくらいです。

ジョウビタキ雌1610aa.jpg

続きを読む


飛びものを少し [野鳥]

鷹の渡りは、終わりましたが、冬鳥の猛禽類が、少しずつ増えて来ました。今回は、飛びものを紹介します。今、コンティニュアスAF+ダイナミックAFを試しているのですが、まだよく分かりません。

●ミサゴと新東名(さて何処に居るでしょう)。

ミサゴ・新東名1610aa.jpg

続きを読む


どうなってるんだ、今年の公園part2 [ツツドリ]

MFの公園、今年は渡りの鳥さんが沢山入りました。今まで殆ど見なかった、カッコウ類が多く見られましたが、それが更に加速して、1日に6個体(たぶん)2日で9個体、同じ木に3個体居たりと、凄い状況になっていました。写真も沢山撮ってしまいました。その続きです。

あれから1週間、MFの公園のカッコウ類は抜けたようなので、今年、冬場の探鳥地の下見を兼ねて下流へ5kmほど下ったスポーツ公園に行きました。着いてすぐ、車を止め、前の木を見ると止まってる。又カッコウ類。もう無視しようと思ったけど、鳥病の私は撮らずにはいられませんでした。此処は木が5本しかないのに、結局3個体いました。どうなってるんでしょう。今年は、これで15個体くらい見た事になります。ちなみに昨年はゼロです。

その公園の木の下に、こんな立て札が。

カンバン1610aa.jpg

なるほどね。それで多い訳か。

写真は絞ったんですけど


久しぶりだね [野鳥]

今年も、ジョビ君がやって来ました。異常気象でも、時期が来ればやってくるんですね。久しぶりだね待ってたよ!。

●ジョウビタキ雄

ジョウビタキ1610aa.jpg

ジョウビタキ1610ab.jpg

でも、今年は此処を縄張りにしている、モズに追い払われて何処かに行ってしまいました。

●モズ

モズ1610ba.jpg

モズは、気が強く、縄張りに侵入してくるものであれば、何でも追い払おうとしまう。これは、私を威嚇しているようです。

モズ1610aa.jpg

今回も写真が多いです。


どうなってるんだ、今年の公園 [カッコウ]

MFの公園、今年は渡りの鳥さんが沢山入りました。今まで殆ど見なかった、カッコウ類が多く見られましたが、それが更に加速して、1日に6個体(たぶん)、同じ木に3個体居たりと、凄い状況になっています。写真も沢山撮ってしまい、また難しい判別に、今、頭がこんがらがっています。これは、私にもっと勉強しろって言っているのかな。(ほんとは、餌になる毛虫が多いからだとおもいますけど)。

沢山、居たので1回では紹介出来ません。2回に分けます。今回は、カッコウ(全て幼鳥)と思われる個体を紹介します。カッコウだけで、たぶん4個体(重複しているかも)居たと思います。

●カッコウ幼鳥a 

カッコウa1610al.jpg

カッコウの鉄棒演技、C難度くらいかな。(上に毛虫が居たので獲っている所です)。

カッコウa1610am.jpg

はい捕まえました。

カッコウa1610an.jpg

カッコウa1610aj.jpg

後頭部に白班が見えます。

カッコウa1610ai.jpg

別の写真の白斑の拡大です。

カッコウa1610ag.jpg

顔の周りにも白斑が沢山あります。

カッコウa1610ah2.jpg

写真が多いんで


タグ:カッコウ

天気が良くても・・・(鷹の渡り) [野鳥]

先週ですけど、台風一過で、天気が回復したのですが、腰が痛くて遠くに行けない。しょうがないので近場の見晴らしのいい所に行ってみました。

鷹は、ある程度飛びましたが、高い所ばかり、天気もカラッと晴れ上がったのは、朝だけで、雲が多い一日になりました。ただ靄は少なくて、見通しは良かったです。遠いので豆粒のようにしか見えません。試しに鳥までの距離を計算してみました(暇ですね)。撮っている場所は、標高約200mです。

●サシバ(等倍トリミングでも、こんな感じにしか写りません)。

サシバ、距離850m。ほぼ真上なので、鳥は高度1000mくらいを飛んでいます。

サシバ1610bc(距離850m).jpg

サシバ、距離630m。

サシバ1610be(距離630m).jpg

●サシバ、距離550m。

サシバ1610bf(距離550m).jpg

●もう少し近かったサシバ。でも遠いし。雲も多いと言う事で今一でした。

サシバ1610ba.jpg

背景は、空ではなく、山です。

サシバ1610bb.jpg

サシバ1610bg.jpg

サシバj1610bh.jpg

●ハチクマも飛んでました。距離440m。

ハチクマ1610aa(距離440m).jpg

もう少し、雲が無い所を低く飛んでくれればいいのにな~。せめて順光側の100mくらい。

ハチクマ1610ab.jpg

●ハチクマのそばには、アマツバメが沢山飛んでいました。これは肉眼では見えません。

ハチクマ・アマツバメ1610ac.jpg

●チゴハヤブサ(だと思う)も、飛んだけど気が付くのが遅くて残念でした。

チゴハヤブサ1610ba.jpg

●地付きのノスリも増えて来ました。

ノスリ1610aa.jpg

ノスリ1610ac.jpg

ノスリ1610ba.jpg

縄張り争い?

ノスリ1610ab.jpg

おまけの蝶。モンキチョウ。

モンキチョウ1610aa.jpg

今年は、いい場所が無いか、場所探しも兼ねて何箇所か行きましたが、結局地元では、渡るルートがバラケてしまう為、何処に行っても一緒。見晴らしのいい所なら標高200mと低くても、ある程度見られます。 要は鷹が飛び易い日を(タカの渡り全国ネットワークを参考に)予測出来るかが大事です。ただ、風や天気がいいと、沢山飛びますが、高い所を飛んで行くので、少し向かい風の方が近くを飛んで綺麗に撮れるかもしれません。もう今年は、終わっちゃいましたけどね。

おしまい。


独断と偏見で [ホトトギス]

公園で、撮ったトケンさん。また識別に悩んでしまいました。この公園で今までトケン類は一度も見た事が無かったのに、今年は4回目。しかも悩む個体ばかり、どうなっているんでしょう。

●独断で、ホトトギス赤色型と判断しました。(自信は、ありません。分かる方、教えて下さい)。

1.下尾筒に班はあります。無ければホトトギスなのですが、赤色型はホトトギスでも班があるそうです。

2.お腹の横班は8本と少ない。ホトトギスの特徴だそうです。

3.尾羽の白斑が目立つ。ツツドリは無いか、目立たないそうです。

4.虹彩が暗色。ホトトギスの特徴だそうです。

5.背中の赤褐色と黒のコントラストがはっきりしない。ツツドリは赤褐色を基調に、はっきりした黒班が入るそうです。

6.後頭部の白斑が無い。カッコウ:ある。ホトトギス:無し。ツツドリ:無し。だそうです。

そんな訳で、ホトトギス赤色型としました。

ホトトギス1610ab.jpg

ホトトギス1610af.jpg

ホトトギス1610ac.jpg

ホトトギス1610aa.jpg

ホトトギス1610ad.jpg

ホトトギス1610ae.jpg

空抜け画像ばかりで見難くなってしまいました。

●エゾビタキは、数が最近増えて来た感じがします。

エゾビタキ1610aa.jpg

エゾビタキ1610ab.jpg

●コサメビタキは、少なくなったような気がします。(これは、先月撮ったものですけど)。

コサメビタキ1609ga.jpg

コサメビタキ1609ha.jpg

コサメビタキ1609hb.jpg

●ノビタキは、早い時期から入っていたのですが、数が少なくて、どうしたのかなと思っていましたが、最近になって増えて来ました。(これは先月撮った画像ですけど)。

ノビタキ1609cb.jpg

ノビタキ1609cc.jpg

これでも、彼岸花に止まってるんですけどね、花が咲いていない。咲いている所で待っていたのですが、結局来てくれませんでした。

ノビタキ1609ce.jpg

●セキレイを追うオオタカです。遠くてゴチャゴチャですが、オオタカにAFし、ピントが合った事にビックリ。

オオタカ1610aa.jpg

おしまい。

 


天気が悪いと綺麗に撮れません(鷹の渡り) [野鳥]

実は、今まで鷹の渡りは、あまり見に行って無かったんですね。そこで、今年こそは撮ろうと思っていたんです。ところが、天気が悪くて、なかなか行けないんです。

鷹が渡る条件として上昇気流が深く関係しています。太平洋側では、南~南東の風が吹くと、山の斜面に風が当たり、上昇気流が発生し、鷹が渡りやすくなります。でも南~南東の風が吹く時って、天気が崩れ易く、今年は曇や雨ばかり。スカッと晴れた日は、西風が強く、鷹はあまり渡りませんね。

見に行った日は暗い曇天の上、靄がかかって視界が悪く、撮影条件は最悪。鷹は渡ってくれたのですが、証拠写真程度ばかり。スカッと晴れた日に撮りたいな~。

●サシバ(20羽強のミニ鷹柱が見られました)。

現地に着いてしばらくしてミニ鷹柱が立ちました。その一部です。

サシバ1609c.jpg

全体像です。

サシバ1609d.jpg

上昇気流に乗って、円を描きながら上昇していきます。その後、雲の中に消えました。

その後5~6羽の群れ(下の写真は群れの一部です)を見た後、雨が降って来て撤退しました。

サシバ1609a.jpg

これもサシバだと思いますが。

サシバ1609b.jpg

●日曜日、更に靄がひどくて数km先は真っ白で見えない。こんな画像しか撮れません。これはチゴハヤブサ(幼鳥)かな?

チゴハヤブサj?1610aa.jpg

チゴハヤブサj?1610ac.jpg

チゴハヤブサj?1610ad.jpg

●ツミだと思いますけど。

ツミ1610aa.jpg

ツミ1610ab.jpg

後は、渡りではありませんが、

●アオバトが飛んで行きました。

アオバト1610aa.jpg

●カケスも(バックは地上で空ではありません)。

カケス1610aa.jpg

●アサギマダラも、ひらひらと飛んで行きました。

アサギマダラ1610aa.jpg

白黒写真ばかり。これじゃあ、消化不良です。スカッと晴れてくれないかな(南東の風の時)。

9月30日、静岡県東部では、凄い数の鷹が渡ったようですが、こちら県西部では天気が悪く、あまり渡らなかったようです。ところが昨日(10月4日)、台風で西風が強い予想でしたが、当地では風が弱く、多くの鷹が渡ったようです。晴れ間があって視界が良かったのにね~。あちゃ~です^^;

台風が近付いています。被害が無ければいいのですが。

おしまい。


天気が悪いと綺麗に撮れません(池) [野鳥]

まあ、パットしない秋ですね。少しは、晴れている時もあるんですが、晴れている時は鳥さんが居ない。で、天気が悪くなると鳥さんが、出てくるなんて悪循環が続いています。

今回は、隣市の池です。同じ所で撮ってるのに、他の人と撮ってるものが違う(同じのもありますけど)。他の人と同じ絵を撮るのが好きじゃないという、変な性格なもので、すみません。

●毎年やってくるクロハラアジサシです。多い時には20羽程居たようです。

クロハラアジサシ1609ba.jpg

クロハラアジサシ1609bc.jpg

クロハラアジサシ1609bb.jpg

なんか、下に止まっているギンヤンマが気になるようです。

クロハラアジサシ1609bd.jpg

飛翔は、綺麗に撮れません。

クロハラアジサシ1609be.jpg

●池なのにケリも来ます。アオアシシギとケリとコサギです。

ケリ・アオアシシギ・コサギ1609aa.jpg

ケリは、うるさくてパットしない鳥なんですが飛ぶと綺麗なんです。

ケリ1609aa.jpg

ケリ1609ab.jpg

●葦原にバンの親子が居ました。親子と言っても、子供は親と同じくらいの大きさになっています。こんなに大きくなっても親離れしないんですね。(ゴチャゴチャで見難いです)。

バン親子1609aa.jpg

●よーく見ると、矢印の所にヒクイナが隠れています。

バン親子1609ab.jpg

●オオヨシキリが、まだ居ました。初夏の頃は、一日中煩く鳴いているので、すぐに分かりますが、鳴かないと、全く分かりませんね。この時期に見たのは初めてです。

オオヨシキリ1609ab.jpg

オオヨシキリ1609aa.jpg

最近、ツキが無いんです。ピーたんに会って今年のツキを全て使い果たしたようです。バンパーを壊した時から始まって、パンクして、カメラが壊れて(ここまでは、以前書きましたね)。この後、草に隠れた側溝にタイヤがハマって、JAFさんの、お世話になるし。河原に行けば、長い間の増水で、道が崩落して無くなってるし、おまけに、ぬかるんだ所にハマって動けなくなり、1時間くらい悪戦苦闘の末、やっと脱出。泥だらけになりました。また見晴らしのいい山に行こうとしたら、工事で通行止めで目的地に行けなかったりと、もう散々です。しばらく普通の道を、走らないと。^^;

おしまい。